国広富之の娘の現在は?嫁や息子は?絵画や身長は?若い頃・麒麟画像!

2020年3月22日俳優

俳優として活躍の国広富之(くにひろとみゆき)さん。

 

1953年生まれで、出身地は京都府京都市。

 

 

学歴は、京都府立亀岡高校農林土木科を卒業後、京都学園大学経営学部に入学・卒業されています。

 

大学時代より映画のエキストラのアルバイトをしており、俳優になりたいと考えていました。

 

父親が松竹から独立しテレビや映画の制作会社を経営していたことから、業界に深く詳しく、俳優になっても食べていける人は少ないと当初は反対。

 

最終的には2~3年やってみてだめだったらと了承し、なんと国広さんのマネージメント会社をつくってサポートしてくれたそうです。

 

現在の活躍のスタートは、全力で息子がやってみたいことを後押ししてくれた両親のおかげでもあるのですね。

 

 

国広富之の娘の現在は?

 

国広さんには、が二人いらっしゃいます。

 

娘のうち次女が、現在、女優・モデル・歌手として活躍の、谷内里早(たにうちりさ)さん。

 

 

かわいい~目のあたりがパパ似なのかも!?

 

2008年、日本テレビ系列で放送の終戦60年スペシャルドラマ「火垂るの墓」の本城昭子役で女優デビューしています。

 

当時はまだ14歳だったそう。

 

長女さんは芸能界入りしていないのか、情報が見当たりませんでした。

 

 

嫁や息子は?

 

1988年に国広富之さんは結婚。

 

さんとなった方は、10歳年下のバイオリニストの柳平寿美さん。

 

共通の趣味であったスキューバーダイビングが縁となったそうです。

 

息子についてですが、1999年頃に誕生したという話も見られますが、ご本人からの話ではなく確証には至りませんでした。

 

長女さんと、いらっしゃるのなら息子さんが、メディアに登場することがこの先あるといいですね。

 

気になります…。

 

 

絵画や身長は?

 

28歳の頃から絵を描くことをはじめ、現在まで描き続けています。

 

1991年以降は毎年個展を開いており、多い時には年間250もの作品を仕上げているそうです。

 

他にも、着物のデザインもされているそうです。

 

多才なのですね。

 

身長についてですが、身長は171cm。

 

同年代からすると、比較的高めの身長ですね。

 

 

若い頃・麒麟画像!

 

芸能活動開始は1977年からということで、すでに芸能生活40周年を過ぎています。

 

現在もダンディーな国広さんですが、若い頃はもっとイケメンで多くのファンを魅了していたことでしょう。

 

 

眼力があって素敵ですね。

 

そして、麒麟画像ですが、国広富之さんに関する「麒麟」というと、2020年のNHK大河「麒麟が来る」の麒麟のことですね。

 

国広さんは、室町幕府官領家の細川晴元を演じています。

 

では続けてごらんください。

 

国広富之さんの麒麟画像!←こちらから。

 

ドラマの今後の展開も楽しみですね。

今回はここまでです。
これからも、国広富之さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)