兼近とりんたろの芸人EXITの読み方や意味は?介護?元相方が不祥事?

2019年7月4日お笑いタレント

お笑いユニット「EXIT」で活躍の「兼近」さんと「りんたろー。」さん。

 

それぞれの本名は、「兼近」が「兼近大樹(かねちかだいき)」さん。

 

「りんたろー。」が「中島臨太朗(なかじま りんたろう)」さんといいます。

 

 

年齢的には、りんたろー。さんが1986年3月生まれで、兼近さんが1991年5月生まれなので、兼近さんの方が5歳年下になります。

 

「EXIT」結成のきっかけは、年下の兼近さんの方から先輩であったりんたろー。さんに声をかけたことから始まったそうです。

 

互いにユニットを解散し、ピン芸人として活躍していましたが、当初は2017年のM-1に出場するためだけに「SCANDAL(スキャンダル)」という仮コンビを結成。

 

結果は3回戦まで進出。

 

そして同年12月、全ての人の辛いこと、ストレスの出口になれればという意味を持たせた「EXIT」という名前で正式にコンビを結成され、現在に至ります。

 

 

 

芸人EXITの読み方や意味は?

 

正式には2017年の12月22日に結成した「EXIT」。

 

英語表記ということで、先ほど意味・由来をお伝えしましたが、他に読み方がわからず調べている方がいるようです。

 

「EXIT」の読み方は「いぐじぃっと」と読みます。

 

発音が分からない方は、グーグル翻訳で音声を聞いてみるとよりわかるかもしれませんね(笑)。

 

 

兼近はカラオケが上手なの?

 

兼近さんのツイッターにて時折カラオケ動画が見られます。

 

 

とっても上手ですね。

 

兼近さんに関するカラオケの話題はこれだけではありません。

 

ある大人な条件下で、高得点を出すと100万円がもらえるという企画に関する動画が気になっている方がいらっしゃるようです。

 

男性だからと言って、本当にこんな企画アリなのでしょうか?女性だったら大問題・大事件です。

 

体を張ってお仕事をされている時期もあったのですね。

 

<ads by Rakuten>

 

りんたろー。の介護とは?

 

正確には最後に〇がつく「りんたろー。」さん。

 

芸人の傍ら、老人ホームの介護の仕事をしています。

 

現在も昔もチャラい系お笑いをされていますが、見た目がチャラいということで、バイトに遅れそうで自転車を飛ばしていたところ、自転車泥棒と思われ警察に止められたことがあるそう。

 

警察官に防犯登録のナンバーを紹介してもらっている間、なんで急いでいたの?と聞かれ、「バイトにおくれそうなので」と答えました。

 

「仕事は?」と聞かれ、ちょうど職場でもある見た目一軒家の前であったため、「ここで介護の仕事しています。」というと、

 

「若いのに偉いね、介護の仕事している人は、自転車盗まないね。いいよ、行きなさい」と言われたそう。

 

介護しているからって盗むか盗まないかは別の話では?と思いつつも、遅れたバイト先に向かったそうです。

 

 

元相方の不祥事とは?現在は?

 

不祥事についてですが、りんたろー。さんは「EXIT」結成前「ベイビーギャング」というお笑いユニットで活躍されていました。

 

当時の相方であった北見寛明さんが以前に無免許運転で免許取消になっており、再取得をしていなかったにもかかわらず、2016年に無免許運転をしたことにより逮捕・実刑とされました。

 

 

現在、北見寛明さんは、オフィス北野に所属し、ラジオパーソナリティーを務めるなど再起されています。

 

そして兼近さんも元相方の不祥事で解散となった経歴があります。

 

元のユニット名は「ぷりずん」で、その不祥事を起こしたという元相方は逢見亮太(おうみりょうた)さんです。

 

相方の不祥事でコンビを解散したという話までは、似たよう趣旨の兼近さんのコメントが見られるので信ぴょう性を感じるのですが、

 

その元相方が起こした不祥事の詳細については女性関係で問題を起こしたという内容が見られますが、確証には至る内容は見つかりませんでした。

 

お互い相方の不祥事により解散するというつらい時期もありましたが、現在の活躍につながるスタートでもあったのですね。

 

今回はここまでです。
これからも、EXITの兼近さんとりんたろーさんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!