しりあがり寿と嫁のなれそめ!子供は?朝日新聞・自己責任論とは?

クリエイター・声優・キャラクター

漫画家として活躍のしりあがり寿さん。

 

本名は望月寿城(もちづきとしき)さんといいます。

 

 

学歴は、静岡県立静岡高校を卒業ご、多摩美術大学デザイン科グラフィックデザインへ進学。

 

卒業後はキリンビールの商品開発や宣伝を担当するマーケティング部に配属されました。

 

仕事休みの土日に漫画をかいていたそうです。

 

そして、1985年白泉社から「エレキな春」で漫画家デビュー。

 

一般的な企業同様、バイトはダメという就業規則があったそうですが、当時の部長に漫画の出版について相談すると…

休日に漫画を描くのは自分たちがゴルフをするようなもの。構わないよ。

 

と後押ししてくれたそうです。

 

ステキな上司や仲間に恵まれましたね。

 

そして、自身も手掛けた一番搾りのヒットが一段落し、開発チームが解散した1994年にキリンビールを退職。

 

自身が36歳の頃に漫画家として独立しました。

 

手塚治虫文化賞・マンガ優秀賞や、2014年春には「紫綬褒章」の受章者に選ばれるなど、素晴らしい受賞歴があります。

 

現在は漫画家としての活躍の他に、神戸芸術工科大学特任教授、横浜美術大学客員教授、日本大学藝術学部非常勤講師などなど、次世代の芸術家の卵たちを温めていらっしゃいます。

 

 

では本題です。

 

しりあがり寿と嫁のなれそめ!

 

しりあがり寿さんは、漫画家デビューとなった1985年に結婚しました。

 

さんとなった方は、同じく漫画家を生業とする西家ヒバリ(さいけひばり)さん。

 

西家ヒバリさんとのなれそめというと、出会いはともに多摩美術大学の学生時代の1978年。

 

しりあがり寿さんの漫画が掲載されていた、当時大学内で回覧されていた冊子を西家ヒバリさんが面白いとおもったそうです。

 

どんな人が書いているのか興味が沸き、漫研の友人にしりあがり寿さんを紹介してもらったそうです。

 

出会ってから数か月で交際を始めましたが、すぐに結婚にはいたらず、7年も交際期間があったのですね。

 

西家さんは大学を卒業後、デザイン事務所へ就職しましたが、週末にはしりあがり寿さんのアシスタントとして漫画を描いていました。

 

一流企業を退職して漫画家として独立することに、私でしたら不安から反対してしまいそうです。

 

しかし、西家さんは「人生一度きりだから」と後押しし、同年結婚。

 

とっても肝っ玉が据わっている奥様ですね(笑)。

 

 

 

子供は?

 

1998年の12月、子供が誕生しています。

 

子供は2人いますが、第二子はいつ誕生したのかはわかりませんでした。

 

詳しくは2008年にご夫婦共著で出版されている「ワケあり家族」にありそうです。

 

ネットで一部立ち読みできるので、拝見してみますと、40歳目前に夫婦でやり残したことはないかという話になる。

 

二人で飲み歩いたり、ゲームにはまるなど自分たちがずっと子供のように過ごすことが楽しいと思っていた時期もあったそう。

 

しかし、どちらも子供が好きであったこともあり、子供を授かることができたそうです。

 

著書の目次を見ますと、娘と息子に関する話題の見出しがあるので、子供は一男一女のようです。

 

第一子はすでに成人を迎えたようですね。

 

親の背中を見て育ったこともたちも、将来有望な漫画家としての活躍も期待してしまいます…。

 

 

<ads by Rakuten>

 

朝日新聞いつから連載開始?

 

2002年の4月より、朝日新聞の夕刊に4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」の連載を開始しています。

 

地球の安全を守るためにヒーロー的な衣装をまとい、いつでも出動するつもりで暮らす一家の物語。

 

すでに15年以上、朝日新聞の夕刊に掲載されています。

 

これまで朝日新聞の夕刊に掲載された漫画は、「サザエさん」に始まり、「クリちゃん」、「フジ三太郎」、「ペエスケ」などなど。

 

その中で、しりあがり寿先生の「地球防衛家のヒトビト」が一番長期連載となっています。

 

しりあがり寿先生に関するツイッターを見ると、親子二代、三代にわたってファンである様子がうかがえるツイートがみられます。

 

幅広い世代に愛されているのですね。

 

 

自己責任論とは?

 

2018年にジャーナリストの安田純平さんが無事解放されました。

 

無事を喜ぶ声だけではなく、残念ながらネットには安田さんを批判する内容も見られました。

 

自己責任論」の声がたくさん増える中、しりあがり寿先生の4コマ作品が掲載されます。

 

 

たった4コマで、多くの「自己責任論」を唱えた人たちの気持ちを変えたことでしょう。

 

多くの著名人が、しりあがり寿先生が掲載した漫画に賛同のツイートをされています。

 

本当に天才!!ですね。

 

今回はここまでです。

これからも、しりあがり寿さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!