音無美紀子の旦那と娘は?乳がんは?妹の現在は?息子は難病?

女優

女優として活躍の音無美紀子さん。

 

実家はオーダーメイドの婦人服店を営んでおり、母親もデザインを手掛けていたそうです。

 

商売は繁盛していたようで、裕福な家庭で育ちました。

 

家も大きく、番頭さんや服を仕立てる従業員も一緒に暮らしていました。

 

しかし、6人姉妹の4女ということで、洋服屋の娘ですが着る服はおさがりばかりだったそうです。

 

中学生時代は宝塚にあこがれましたが、宝塚音楽学校への入学は両親の反対にあい、頌栄女子学院中学校から頌栄女子学院高校へ進学されました。

 

演技を学ぶことは両親は反対していなかったようで、中学時代には東宝芸能学校へ。

 

高校時代には幼なじみだった俳優の地井武男さんの勧めで1966年「劇団若草」に入団しています。

 

翌年の1967年日本テレビ系列で放送の「これが青春だ!」(竜雷太さん主演)の最終回に出演。

 

この作品がドラマデビュー作品となっています。

 

 

 

 

では、本題です。

 

音無美紀子の旦那は?

 

音無美紀子さんは1975年に結婚。

 

旦那様は俳優の村井國夫さん。

 

 

出会いは、音無さんが18歳の頃に観に行った自由劇場の舞台に村井國夫さんが出演しており、ファンになったそうです。

 

その後、音無美紀子さんの初主演ドラマである「お登勢」であこがれの村井國夫さんと初共演。

 

音無さんが22歳、村井さんが27歳のことでした。

 

しかし、当時村井國夫さんは14歳年上の作家の奥様がいらっしゃいました。

 

この為、音無さんと村井さんの名前を検索すると、「おしどり夫婦」という言葉とともに「略奪婚」という言葉もみられます。

 

村井さんは元嫁との離婚までに3年かかり、悩みすぎて円形脱毛症にもなってしまったそうです。

 

ようやくこぎつけた結婚でしたが、村井さん浮気も多かったようです。

 

しかし離婚にいたることはなく、近年出演したトークバラエティー番組で音無さんは「良くモテたよね」とさらりと受け流すコメントをされています。

 

後程詳しくお伝えしますが、夫婦がともに多々の困難を乗り越えてきたことで、今では過去の浮気を許せるほどの強い絆で結ばれた夫婦関係となっているようです。

 

 

 

 

娘も女優

 

娘は女優の村井麻友美さんです。

 

 

村井麻友美さんは、1982年に誕生。

 

舞台を中心に活躍されています。

 

年齢は30歳代半ばを過ぎていますが、結婚はされていません。

 

まだまだお仕事に熱中されているようですね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

乳がんと鬱を克服

 

1988年、自身が39歳の頃、乳がんが発見されました。

 

長女は6歳、長男は2歳でまだ卒乳していませんでした。

 

当時はまだ乳房の温存する方法が確立しておらず、全摘手術が標準治療でしたが、女性として当たり前ですが、手術を受けることにひどく抵抗を感じていたそうです。

 

しかし、旦那から「女優じゃなくなっても、生きててくれなきゃ困る」と医師に泣きつく姿を見て手術を決意したそうです。

 

手術後、胸を失った喪失感と苦痛をともなう治療のため、自らこの世を去りたいと思うほどの重度のうつ状態となりました。

 

子育てが一段落したら女優として復帰を考えていましたが、乳がん治療と鬱のために復帰には時間がかかりました。

 

うつ状態の音無さんに、ご主人の村井さんから、

 

「死んでもいいよ。ただし子どもたちはまだ小さい。もう1年だけ生きて欲しい…。1年くれれば僕が君から家事を教わって育児ができるようになると思うんだ…。1年間育児を一緒に楽しもう。」

 

と言われたそうです。

 

自身の言葉を否定することなく、受け入れられたと思った時、気持ちがとても楽になり「生きよう!」と思ったそうです。

 

また娘から「どうしてママ、笑わないの?」といわれたことも鬱から抜け出すきっかけとなったそうです。

 

娘に言われた一言から、鏡で笑顔を作る練習を始め、鏡を見ることで化粧をしてみようとなり、

 

化粧をするようになったら美容室へ行ってみようと思い、外へ出かけようになり元気を取り戻しました。

 

乳がんを機に旦那様の浮気も減り、おむつ替えなど子育ても一層時間を割いてくれるようになったそうです。

 

「乳がん」と「うつ」の克服にはやはり家族の大きな支えがあったのですね。

 

 

 

 

妹の現在は

 

音無真喜子さんは女優として活躍されています。

 

しかし、1991年フジテレビ系列で放送された「世にも奇妙な物語」を最後にテレビ出演はされていないようです。

 

現在、活動休止状態なのか、芸能界を引退されているのかは不明です。

 

本名が「玉井」姓と変わっており、ご結婚されているようですので、ご家庭におさまり、一般人となっているのかもしれませんね。

 

 

 

息子は難病

 

息子さんは俳優として活躍の村井健太郎さん。

 

 

1986年に誕生しています。

 

幼少期に「難病」だったという話と、授業に集中できず教室からとびだしてしまうという「発達障害」があったという話が見られます。

 

しかし、大学は玉川大学を卒業されているということで、現在は難病や発達障害とは無縁のようですね。

 

音無さんは自身の乳がんや息子の発達障害に悩み、一時、新興宗教の統一教会に入信されていました。

 

しかし、旦那から「統一教会と俺の話とどっちを信じるんだ!」という言葉で目が覚めたそうです。

 

宗教については詳しくありませんが、夫婦・親子など家族の絆が一番心の支えとなるものですよね。

 

今回はここまでです。

これからも、音無美紀子さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!