小林賢太郎のしごと?カジャラ由来?嫁と子供は?ラーメンズは解散?

2019年2月14日

劇作家・パフォーマーとして活躍の小林賢太郎さん。

 

 

メガネは伊達メガネなんだそう。

 

お笑いタレントとしても活躍されていますが、近年は作品を生み出すクリエイティブなお仕事をされていることが多い印象があります。

 

多摩美術大学(版画科)を卒業されていることもあり、絵画やイラストにも魅了されてしまいます。

 

 

<ads by google>

 

 

では、本題です。

「小林賢太郎しごと」とは?

 

小林賢太郎さんの仕事というと、この記事の始めでもお伝えした通りです。

 

小林賢太郎のしごと」という名前で、公式のツイッターをされています。

 

そして、自身の公式HPは「KENTARO KOBAYASHI WORKS ( 小林賢太郎のしごと)」という名前になっています。

 

「しごと」つながりで、小林賢太郎さんについて調べますと、自身が出演するのは舞台が多いようです。

 

最新の出演情報はぜひ、公式HP、ツイッターをご覧くださいね。

 

 

<ads by google>

 

 

カジャラ」名前の由来や意味は?

 

小林賢太郎さんの「KAJALLA(カジャラ)」というと、自身で脚本・演出を手掛けるコント公園・寸劇舞台のこと。

 

なんとなく、インドにありそうな名前なのですが、由来は何なのか調べてみました。

 

 

しかし、片桐仁さんとコンビを組んでいる「ラーメンズ」同様、由来にはファンが考えたものや自身がおとぼけて答えたものなど諸説あり、確証に至りませんでした。

 

今回の「カジャラ」については、ファンの方が「冠者ら」が由来ではないか、と考察をされているそうです。

 

「冠者」とは、かざ・かじゃ・かんじゃと読み、奈良時代より成人式を終えた男子に冠をかぶせたことから、できた言葉だそう。

 

その言葉から、「成人式は終えたけど、まだまだ未熟ものです」というような謙虚さと、さらに「笑いの伸びしろあります」、という期待感を持ち合わせた名前…なのかな!?

 

もし、名前の由来お分かりの方がいらっしゃいましたら、お手数ですがコメントいただけますとうれしいです。

 

 

<ads by Rakuten>

 

はどんな人?

 

小林賢太郎さんは、2000年に結婚。

 

2003年頃に3年前に入籍していたことが報道されました。

 

さんとなった方は、多摩美術大在籍時の同級生なのだそうです。

 

2003年の3年前なので、20歳代で結婚されていたのですね。

 

ラーメンズの相方の片桐仁さんはプライベートもオープンで、NHKーEテレで放送のピタゴラスイッチで、親子共演されています。

 

こちらの記事もどうぞ!

片桐仁の手作り作品がスゴい!嫁は片桐はいり?息子は?髪型は天パ?

 

雑誌のインタビューで奥様も登場されているのですが、小林賢太郎さんの方はプライベートはクローズです。

 

小林さんがプライベートを明かさない理由として、様々な役柄を演じる時にプライベートを明かしすぎてしまうと、その役ではなく小林賢太郎になってしまうからという趣旨のコメントが見られました。

 

奥様も多摩美術大学を卒業されているという事ですから、夫婦で芸術肌なのですね。

 

→次ページ 子供はいるの?ラーメンズ解散なの? についてです。