自民党山本有二の娘二人の夫は俳優!韓国?冗談が失言に?

政治家として活躍の山本有二氏。

自民党所属の衆議院議員で、これまで金融関連の内閣府特命担当大臣や農林水産省の大臣に就任されています。

選挙区は高知2区。

名前は、「路傍の石」などの文学で知られる山本有三氏から由来しているそうです。

13歳年の離れた姉が、山本有三のファンだったといことで、強い押しがあったということです。

「有三」ではなく、「有二」にしたわけは、次男だったから「二」選んだそうです。

学歴・職歴としては、早稲田大学の法学部を卒業後、司法試験に合格。

弁護士として活躍されていました。

実家は衣料品販売関連のお仕事をされていたということで、2世議員ではありません。

たまたま高知県会議員に2席の空席ができ、弁護士として主に民事を中心に地元密着で仕事をされていたため、声がかかったそうです。

地元では、人望熱いようですね。

4年ほど県議会議員を務め、1990年に行われた衆議院議員選挙にて自民党から出馬し、2016年までに9回の当選を果たしています。

では、今回の話題です。

自民党 山本有二二人の夫は俳優!

山本有二氏には、が4人います。

娘のうち、なんと2人が、有名俳優とご結婚されているというのです。

まず、次女の夫は、井浦新(いうらあらた)さん。

そして、三女の夫が鈴木一真(すずきかずま)さん。

井浦新さんと鈴木一真さんは、義理の兄弟ということになるんですね。

新年会などで、井浦新さんと鈴木一真さんがご親戚として、揃うこともあるのでしょうか?

個性派俳優ともいえる二人が家にくるとは、私もぜひ参加したいところです(笑)。

娘婿のだれかが、山本氏の地盤を引き継ぐことがあるでしょうか?

もちろん、小渕恵三氏のように娘(小渕優子氏)が引き継ぐこともあります。

俳優二人のどちらかが引き継ぐ…なんて可能性も無きにしも非ず!?勝手ながら変な期待を持っています。

続いては、韓国?についてです。

山本氏の名前と合わせて「韓国」というワードで検索されている方が多いようですが、どんな関係があるのでしょうか?

まさか、韓国人?と思いましたが、調べたところ日本人で間違いないようです。

では、なぜ「韓国」と合わせて検索されているのかというと、どうやら、「パチンコ」が関係しているようです。

パチンコ経営の多くは、噂レベルですが、在日韓国人・朝鮮人の方が多いといわれています。

山本氏は、パチンコ業界団体「パチンコチェーンストア協会」にある「政治分野アドバイザー」に名前を連ねているそうです。

このことから、山本氏の名前から韓国が連想されているようですが、今のところは売国的な発言や行動は見られていないようです。

今回の話題とは関係ないですが、ギャンブルにのめりこみ、散財することの無いよう願います。

<Ads by Rakuten>

続いては、冗談失言に?の話題です。

2016年、失言が続いている山本氏。

主な話として、とある政治家のパーティーにて、TPP関連の法案の強行採決をにおわす発言をしたこと。

野党との協議もおろそかに、連立与党の定数力をもって、「強行採決」前提の法案成立はあってはなりません。

無駄に、なんでもかんでも反対するような野党でも困りますが、TPPに関しては、多くの国民の未来が変わるように思えますので、きちんと話し合ってもらいたいものです。

この国民の未来を左右するかもしれない法案成立ともいえるのに、「(強行採決の話は)冗談だったのに、閣僚の席が危うくなった。」という趣旨のコメントをしています。

おしゃべりが過ぎる政治家は、足元すくわれる話が過去に多いので、今後は、ご注意くださいませ。

今回はここまでです。

これからも、山本有三さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!