クルム伊達公子が離婚!旦那と子供は?ランキングは?ため息とは?

プロテニスプレーヤーとして活躍の伊達公子さん。

2

テニス姿の方が、印象深いでしょうか?

ダテキミコ

日本女子TOPテニスプレーヤーとして長年活躍されています。

日本人女性として初めて、テニス「4大 大会」全てにおいて、ベスト8に入るという快挙を成し遂げています。

ところで「4大大会」って、どの大会のことでしょう??

4大大会とは「グランドスラム」とも呼ばれ、開催月順に「全豪オープン(1月)」、「全仏オープン(5月)」、「ウィンブルドン選手権(6月)」そして、「全米オープン(8月)」の4大会の事を差します。

大会によって、コートも違い、順に ハード → クレー→ 芝→ ハードとなっています。

実力も大切ですが、コートとの相性も勝敗に大きく影響するスポーツなのですね。

では、本題です。

クルム伊達公子離婚旦那子供は?についてです。

伊達公子さんは、2001年の12月に結婚。

旦那様は、レーシングドライバーのミハイル・クルム氏。

旦那様は、ドイツ人の方なのだそうです。

4

伊達さんの公式ブログでも時折、旦那様の話題がみられ、画像のように仲の良さを感じるものだったのですが、2016年9月、離婚との報道が流れました。

離婚の理由はっきりわかりませんが、旦那様も拠点を日本においてはいるようでしたが、お互い海外遠征ですれ違いも多かったことも理由の一つではないでしょうか?

ネットでは、「お互いの活躍をサポートしあう気持ちは継続」という趣旨のコメントがみられるので、円満離婚のようです。

離婚に際し、気になるのが子供の存在ですが、二人の間に子供はいらっしゃらないようです。

子供の授かりを待ち望み、長期にわたり不妊治療をしていたそうです。

2016年9月現在、まだまだ現役プロテニスプレーヤーとして活躍されていますが、将来的には多くの子供たちへ指導し、伊達さんのテニスを引き継いでくれることでしょう。

続いては、ランキングは?についてです。

伊達さんは1996年に一度引退宣言をされ、2008年より現役復帰されているので、約12年間のブランクがあります。

そんなブランクをものともせず、熱い戦いでファンを魅了し続けています。

自己最高の世界ランキングはなんと4位。

自身が25歳となる1995年のことでした。

2016年は、残念ながら全豪オープンは予選敗退。

同年2月には、左ひざの手術をするも、考えられていたよりも軟骨のすり減りが多く、再手術が必要と診断されました。

このため、2016年9月時点での世界ランキングは200位以下となっています。

ドクターからは復帰は難しいといわれたようですが、ファンとしては、また4大大会のコートで伊達さんの輝かしい笑顔をみたいものですね。

<Ads by Rakuten>

続いては、ため息とは?についてです。

伊達さんの名前を検索すると、「ため息」という言葉がみられます。

なんのことか気になって調べてみましたら、試合中にミスをすると観客からこぼれてしまう「アー↓」というため息交じりの歓声の事でした。

なんども聞かれるため息に集中力がかけてしまったのか、伊達さんはイライラが最高潮。

1

思わず観客に向かって… さて、上の画像、何と言ってるでしょうか(笑)?

答えは「シャ・ラァ~~~ップ!」と叫んでいます。

シャラップ=shut up のことで、日本語で「黙って!」という意味です。

よほど、イライラしてしまったのでしょうね。

先日、錦織圭選手の試合で、相手のコートに蝿が紛れ込み、集中力を欠いたことが試合の勝敗に多少なりとも影響したなんて話もありました。

日頃の血のにじむような練習だけではなく、当日のコンディション、集中力も大切なのですね。

お静かに、温かい応援を送りたいものです。

今回はここまでです。

これからも、伊達公子さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!