舛添要一の宗教は?自著で語る両親とは?朝まで生テレビで帰化をカミングアウト?

元東京都知事の舛添要一氏。

ますぞえ

政治資金の支出問題で揺れに揺れています。

以前に当ブログに記載した記事に、皆様からの多くのコメントをいただきました。

舛添要一帰化?国籍は?創価学会なの?家族は?不正受給って?

そちらの内容をまとめる形で、今回お伝えします。

まず初めに「舛添要一の宗教は?」についてです。

舛添氏が「創価学会」では?と疑問を持つ方が多いようです。

舛添氏にかぎらず、あの芸能人が「創価」の信者だと行った話も多く見かけます。

それを見る方たちは、「え~、創価学会の信者なんだ。イメージダウンだね。」となるのでしょうか?

個人的な考えですが、オウム真理教・アレフといった無差別テロを起こした宗教団体に入信しているというのなら、かなり人格的に疑います。

では、ナゼ、創価学会の信者だと、異質に感じてしまう人がいるのでしょうか。

まず一つ感じたことが、葬儀に「友葬」という、お坊さんなしで参列者が延々と題目を唱え続けるという式。

参列者によっては、かなり異様な式と感じるようです。

あと、個人的な印象なのですが、選挙前になると、かなり疎遠の方から「(公明党の候補者名)をよろしく。」といった電話が多く来ることです。

公明党は創価学会が支持母体でもあるので、こういった執拗な電話も、ややマイナスイメージにつながっているのではないでしょうか。

あとは、「婦人会」という名目の勧誘活動。

御断りも結構面倒に感じてしまいます・・・。

こういったことから、「創価の信者」というと、一歩後ずさりしてしまう方もいるのではないでしょうか?

話をもどしまして、舛添氏がその信者なのかというと、違うようです。

その噂の発端は、公明党公認の方の選挙演説に応援に駆け付けたことのようです。

今回の政治資金の使い方に宗教がらみななかったようですので、次の話題へ移ります。

<Ads by Rakuten>

自著で語る両親とは?朝まで生テレビで帰化をカミングアウト?についてです。

もう一つ、舛添氏について注目を集めている話題が、「帰化」しているのでは?という話。

ネットを見ると、母親が朝鮮人であるとか、「朝まで生テレビ」出演時にカミングアウトしていた、まことしやかな内容が見られます。

まず「朝まで生テレビ」で在日であることをカミングアウトしたという話はガセのようです。

次に舛添氏の著書に母親を「オモニ」という呼び方をしていたから、母親が朝鮮の方である。と、コメントしている方がいますが、これも違うようです。

渦中の舛添氏の著書とは、2008年に出版された「「私の原点 そして誓い」という本のことのようです。

そこには舛添家のルーツは福岡にあるという話がありますが、母親もしくは父親が朝鮮人という話は見られません。

ただ、朝鮮のかたは日本人に比べ母親を大切にする傾向が強いということや、

父親も政治的活動をされていたそうで、チラシに朝鮮文字でふり仮名を入れた日本で初めての人物が父親だったと自慢げに語られているそうです。

父親の影響で、朝鮮について多くを学ぶようになったということです。

個人的に近隣諸国と仲良くすることはとてもいいことだと思います。

しかし、売国的な考えや行動が政治家にあってはならないと強く思います。

友人レベルだと、平和なお付き合いができるのですが、政治が絡むと難しいものですね。

日本は鎖国の時代が長かったためか、自分の考えや知っている物事から外れているものに対し、強いストレスを感じてしまう人が多いのかもしれません。

現在の子供たちが大人になった時、住みよい日本になっていることを強く願います。

次の記事をお楽しみに!

こちらの記事もどうぞ!

片山さつきの若い頃画像!夫や子供は?遅刻の理由は?髪型・顔・鼻が気になる??

舛添要一帰化?国籍は?創価学会なの?家族は?不正受給って?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!