宮川一朗太 大学の美里とは?嫁と子供と母親は?内村光良と似ている?

俳優として活躍の宮川一朗太さん。

みやがわいちろうた

人の好さそうな穏やかな顔立ちなのですが、なんとなく弱々しい役や犯人役なども演じられており、近年では大ヒットドラマ「半沢直樹」での大阪西支店の江島浩の役が印象的です。

2

なんて、憎々しい表情なのでしょう!

宮川さんの顔芸に、引き込まれてしまいますね。

では、本題です。

宮川一朗太 大学美里とは?についてです。

美里さんという大学の同級生と熱愛発覚!?とおもったら、違いました。

2005年に離婚している宮川さんですが、10年経過した2015年現在も独身でいらっしゃいます。

このため、番組でお見合い的な企画をくまれることがあるようで、2014年当時大学院生の美里さんという方と遊園地デートなどをされました。

5

美里さんとの年の差は20歳以上の開きがあり、母親の年齢より宮川さんが年上であることや、宮川さんの実の娘よりも美里さんが年下だったということもあり

見ていて「なぜこの人物選択だったのだろう…」と企画の薄っぺらさをかんじました。

番組では、宮川さんがフラれる形でしめられているのですが、これを見た視聴者からは「ヤラせだ!」と不満の声が続出しました。

フラれ役を演じてくれた宮川さんですが、この企画自体、宮川さんに失礼な企画ですよね。

現在も「恋活」宣言をされている宮川さんに、よき伴侶が見つかることを祈ります。

続いては、子供母親は?についてです。

宮川さんは、1990年に結婚。

さんとなった方は、ライターとしてフリーで活躍されている方でした。

しかし、結婚生活は実質10年に満たず、1999年ごろ奥様が子供を置いて家をでてしまったそうです。

一度は、奥様が戻りましたが、復縁することはできず、2005年に正式に離婚することになりました。

子供は、女の子が二人。

奥さんが家を出た当時は、娘たちはまだ小学生でした。

 突然、仕事以外に育児・家事に追われる壮絶な日々を送っていたそうです。

しかし、その間PTA会長を3年間もつとめるなど、地域の子供たちの育成にも目をかける役割もこなしています。

よきパパとも思える宮川さんですが、なぜ奥様に見切りをつけられてしまったのでしょうか?

<Ads by Rakuten>

離婚の理由は競馬だったようです。

しかし宮川さんが、ギャンブルにのめりこんで散財したわけではありません。

もとより、競馬好きで、競馬番組の司会を務めるほど知識も豊富なのですが、「一口馬主」というものに役200万円投資したことが奥様にバレたことが大きな要因だったそうです。

200万円もの大金を競馬に!と思うと、確かに競馬の知識のない私も宮川さんの人格を疑いたくなるのですが、

宮川さんの投資したお馬さんはしっかりと結果を出し、総額で3000万円以上の見返りがあったそうです。

すごいですね~競馬に関する先見の明が宮川さんにはあったのですね。

母親についてですが、宮川さんの母親は女優の由紀さおりさん…!?というのは、もちろん違いますよね。

ゆきさおり

由紀さおりとの関係は、宮川さんのデビュー作でもあり、初主演を務めた映画「家族ゲーム」(1983年公開)で、宮川さんの母親役を演じたことです。

この作品で宮川さんの演技力が高く評価され、1984年の「日本アカデミー賞」優秀新人賞を受賞するという華々しいデビューを飾っています。

宮川さんの実の母親は、一般人ということで、特に情報などは見当たりませんでした。

続いては、内村光良似ている?についてです。

お笑いユニット「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんと宮川さんが非常によく似ているという話があります。

では、画像で見比べてみましょう。

宮川さんと…

4

内村光良さん。

3

人の好さそうな、表情がとてもよく似ているのではないでしょうか?

兄弟といわれると、信じてしまいそうなほど、似ていますね。

今回はここまでです。

これからも、宮川一朗太さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする