船越英一郎と片平なぎさの仲は?身長は?ブログは?嫁と子供は?別居中なの?

俳優として活躍中の船越英一郎さん。

ふなこし

「サスペンスドラマ」と言えば!「2時間ドラマ」といえば!誰?

街でそんな質問をしたなら、半数以上船越さんを思い浮かべるのではないでしょうか(笑)?

その実、民間の放送局5局すべての2時間ドラマに主演作品があるのは、2015年時点では船越英一郎さんだけなのだそうです。

バラエティにも多く出演していて、その気さくなキャラクターに様々な世代から好感度があります。

では、本題です。

船越英一郎片平なぎさは?についてです。

船越さんが「2時間ドラマの帝王」ならば、片平なぎささんは「2時間テレビの女帝」と言われるくらい、互いに多くのサスペンスに出演しています。

そのため、船越さんと片平なぎささんは共演作品が非常に多いです。

そして、過去に二人には熱愛の噂もあったというのです…!?

確かに、共演作品では「ヒーロー&ヒロイン」そして相棒的な関係を演じることが多いようです。

恋愛感情が芽生えてもおかしな話ではないですよね。

しかし、そこはプロ!あくまで共演者、よき仲間という関係ということです。

結果としては皆さんもご存じのとおり、船越さんは別の人と結婚されました。(後程お伝えしますね。)

片平なぎささんに限らず、中山忍さんとも夫婦役を演じられていますし他にも思いを寄せられる役など含めたら、毎度、共演者との熱愛を疑っていてはキリがありません。

船越さんの人柄の良さから、こんなうわさとなってしまうのでしょうね。

 

次に「身長は?」についてです。

船越さんの身長は、181センチと公表されています。

この世代の方では結構身長の高い方なのではないでしょうか。

確かに、テレビに映っている船越さんは共演者の方より身長が高いことが多いです。

画面映えするのも「帝王」であり続ける秘訣なのかもしれませんね!?

<Ads by Rakuten>

次に「ブログは?」についてです。

残念ながら、現在更新されているブログはないようです。

船越さんの公式HP内に「マネージャ―日記」というものがありましたが、2010年ごろを境に更新が止まっています。

撮影合間などの和やかな表情の船越さんの画像も見られていただけに、ちょっとさびしいですね。

船越さんの最新情報は、所属事務所のホリプロのページをご覧くださいね。

次に「子供は?」についてです。

前述したとおり、船越さんは2001年に結婚しています。

結婚された方は、松居一代さん。

まついか

料理や掃除を中心とした家事や金運開運法などでテレビ出演している姿をよく見かけます。

松居一代さんにとっては、船越さんとの結婚は再婚で、離婚した前夫との間に男の子供が1人いました。

そのため、船越さんはおさんをもらうのと同時に一児の父となりました。

血はつながっていないものの、親子仲は良いようです。

しかしながら、この結婚は船越さん側の親族からは反対されていたそうです…

船越さんの父親は俳優の船越英二さんで、一人息子の船越さんに家督相続するつもりでいたとのことで、結婚相手となるおさんは自分の認めた人であってほしかったようなのです。

5

結局、船越家の親子仲は修復されることのないまま、英二さんは亡くなってしまったそうです。

松居さんと船越さんといえば、その夫婦仲についても度々メディアに取り上げられています。

原因は基本的に松居さんのヤキモチによるものが多いようです。

結婚後は船越さんの私物をほとんど捨ててしまったという逸話もあり、「鬼嫁!」なんて言われる時期ありました。

しかしながら、現在まで離婚することなく続いているようなので、結局のところ夫婦仲は良いみたいですね。

最近では子供の就職が決まり、家族で涙を流して喜んだなんていう心温まるエピソードもあるみたいです。

続いては「別居中なの?」についてです。

船越さんは「3億円豪邸」とも言われる自宅を世田谷にかまえています。

テレビ番組の中で、妻である松居さんが自宅で家事をするロケなんかにも登場する立派な豪邸です。

しかし、そんな豪邸を自宅に持ちながら、船越さん夫婦には別居疑惑が浮上しています。

その別居先は同じ世田谷で、こちらは2億円ほどのマンションであると言われています。

前述したように、松居さんの(行き過ぎた?)ヤキモチからケンカに発展すると、船越さんはこのマンションに来て一人の時間を確保している…なんて噂です。

やはり、多くはセリフ覚えに集中するためではないでしょうか。

なので、別居というほどではないようですが、別宅があることは事実のようですね。

今回はここまでです。

これからも、船越英一郎さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!