木下ほうか骨髄バンクで提供!本名や結婚は?子供の頃とヤンキー画像!

俳優として活躍中の木下ほうかさん。

キノシタホウカ

2018年には50代半ばとなりましたが、個性的な幅広い役柄の演技で、人気を集めています。

2014年フジテレビ系列で放送されたドラマ「昼顔」でのねちっこい演技が未だ後を引いている方がいるのではないでしょうか?

4

 最近は、お笑い番組にも多数出演が見られ、俳優とはまた違った一面を見せてくれています。

が、もともとは大学卒業後、吉本新喜劇に3年ほど所属していたそうです。

 始めは、お笑い志望だったのですね。

 フジテレビ系列で放送の「スカットジャパン」でも、癖のある上司という役柄で、レギュラー状態で、毎回「はい、論破!」してくれていますね。(笑)

毎回、どんな展開になるのか楽しみな番組の一つです。

 では、本題です。

木下ほうか骨髄バンクに登録した理由は?

木下さんの趣味のひとつに「献血」があります。

過去には14年間のうちに、51回もの献血にいったといいますから、3~4か月に1回は献血に行っていることになります。

ある時、献血に行ったときに骨髄バンク登録のポスターを見つけたそうです。

それから数年、連絡はなかったのだそうですが、木下さんの人気が高まり、メディアの登場が増え、多忙を極め始めた頃、提供の連絡が来たそうです。

仕事のこともあり、両親や事務所などへ相談。

周囲の反応としては猛反対だったそうで、自身も断る方に気持ちが傾き始めた時、歌手の本田美奈子さんが

白血病で38歳という若さで命を落とすという訃報がメディアに流れました。

骨髄の適合は数万分の1の確率と考えられています。

その希少な確率でこの通知がきたのに、自身が断ったら誰かが死んでしまう…と思い、骨髄提供を決断したそうです。

患者様の移植後の予後は良好ということです。

ドナー登録について話すことは「売名行為」と思われるのが嫌だったけど、それよりも関心をもってもらう事が大切と思い、公表したそうです。

公表により骨髄バンクセンターは

と、ツイート。

通常の20倍も問い合わせがあるとは、木下さん自身も想定していなかったかもしれません。

自身が提供した患者の予後が良好であることや、骨髄バンクドナー登録に多くの人が関心を持ってくれたこと、とっても喜ばしいことでしょうね。

<Ads by Rakuten>

本名は何というの?

木下ほうかさんの本名は、「木下鳳華」というそうです。

読みは、本名もそのままですが、「鳳華」という名前、珍しいですね。

木の下を放火というようなぶっそうな意味ではないですよね…。

由来をいろいろ調べましたが、わかりませんでした。

ゴメンナサイ。

→次ページ 結婚しているの?子供の頃とヤンキー画像! についてです。