西川きよしの息子・娘は難病?ヘレンの実家は?孫何人?弟子が急死!年齢や相方の子供は?

お笑いタレント・落語家

お笑いタレントとして活躍の西川きよしさん。

 

1946年生まれで、出身地は高知県高知市。

 

 

 

学歴は、高知市立朝倉小学校から大阪市立市岡小学校へ転校。大阪市立三稜中学校を卒業しています。

 

高校へは進学していません。

 

西川きよしさんは5人兄弟の末っ子で、実家は高知県内で材木商をしており、幼い頃は裕福な家庭でしたが、その後経営状態が悪化。

 

小学校低学年の頃会社が倒産し、大阪へ夜逃げしたそうです。

 

小学生時代から新聞や牛乳売りをしたり、八百屋でアルバイトをして家計を支えていたそうです。

 

父親はタクシー運転手となりますが、西川きよしさんが中学3年生の頃、十二指腸潰瘍で倒れてしまい、高校進学を断念。

 

自動車工場に勤め、お昼休みには職場の先輩から「おもしろいことをやれ」といわれ、ものまねをするといつも大うけだったそうです。

 

しかし仕事中に大けがをしてしまい、仕事を辞めることに。

 

よっぽど面白かったのか職場の先輩に勧められ、16歳の頃、喜劇俳優として人気だった石井均(いしいきん)さんに弟子入りしました。

 

ある日、師匠からここにいてもチャンスは来ないから吉本へ行けといわれ、吉本入り。

 

俳優の白木みのるさんの付き人をしながら、芸を磨きました。

 

 

そして1996年横山やすしさんと「横山やすし・西川きよし(通称:やすしきよし)」としてデビュー。

 

 

横山やすしさんの「怒るでしかし!」と、西川きよしさんの「小さな事からコツコツと」の決めセリフで一躍漫才ブームを巻き起こしました。

 

 

西川きよしの息子・娘は難病?

 

西川きよしさんには、子供が3人います。

 

長男は元俳優の西川忠志さん、次男は元俳優・歌手として活躍し、現在は福岡で和食店「にし川」を経営する実業家として活躍の西川弘志さん。

 

そして、長女でタレントとして活躍の西川かの子さんです。

 

 

娘の西川かの子さんは、20歳代半ばから耳の異変を感じ、30歳を過ぎてから当時2歳の娘の声も聴きとれなくなり、病院受診したところ「真珠腫性中耳炎」と診断されました。

 

国が指定する難病の一つで、耳の組織や軟骨が壊れてしまうことで引き起こされる聴覚障害の病気なのだそう。

 

両方の耳が病魔に侵され、片方の耳を手術するには2週間の入院が必要であったため、幼い子供を残し入院することはひどく悩んだそうですが、父母が支えてくれたそうで、2010年に治療を終えています。

 

明るい家族の支えは一番ありがたかったでしょうね。


 

ヘレンの実家は?孫は何人?

 

西川きよしさんは1967年、自身が21歳の時に結婚。

 

奥様はヘレンさん。

 

ヘレンさんは京都府出身で、アイルランド系のアメリカ人の父親と日本人の母親のハーフ。

 

 

ヘレン杉本の名前で、吉本の看板女優として活躍されていました。

 

さんざん関西弁で話していながら、都合が悪くなると「私外人やから、日本語わかりません。」という決めセリフで大ウケ。

 

結婚当時は西川きよしさんはまだ名前も売れていなかったため、ヘレンさんの家族も、吉本も結婚に大反対。

 

しかし、結婚を許してもらえないなら自分もヘレンも吉本を出ていくと言い、結婚に至ったそうです。

 

ヘレンさんは結婚を機にお仕事を減らしましたが、シャンソンを歌うなどして家計を支え続けたそうです。

 

ヘレンさんは西川きよしさんのお笑いの才能をいち早く見出していたのでしょうね。

 

お孫さんは4人。

 

長男に2人、次男に一人、長女に一人子供がいるそうです。

 

にぎやかな仲良しファミリーですね。

 

<ads by Rakuten>

 

弟子が急死!

 

西川きよしさんにはお弟子さんが4人。

 

弟子には苗字の「西川」という屋号をつけています。

 

一番弟子は、西川のりおさん。

 

 

西川のりおさんにさらに4人弟子がいるので、孫弟子が4人となります。

 

西川きよしさんの2番弟子であった西川まさとさんが2017年自らこの世をさってしまうという残念な話があります。

 

享年50歳。

 

「西川まさと・吉田かおり」という漫才ユニットを組んで活躍していましたが、相方の吉田かおりさんが2012年に心不全のため急逝。

 

享年45歳という早すぎる死でした。

 

その後に西川まさとさんはピン芸人として活動しますが、鳴かず飛ばずの状態に。

 

仲間も協力してコントをしていましたが思うような活躍にはつながらなかったようです。

 

ある日、飲食店で自身も出演する劇のパンフレットを配っていたところ、「そんなん、おもろいんか?」とたまたまいたお客さん言われ、激昂。

 

店の椅子を振り回し、5分もの間暴れ、その場にいたとある会社の社長をケガさせてしまいます。

 

暴れたお店に来た時点で、西川まさとさんはかなり酔っていたそうで、その前に何件かお店を回って同じようにパンフレットを配りに回っていたそうなので、そこそこのお店でお酒を勧められていたのかもしれません。

 

様々な要因が加わって、焦りもあったのでしょうか。しかしながら、お店で暴れてしまうのは絶対してはならなかった事でした。

 

その後、吉本興業にも話が上がり、西川まさとさんは吉本から事情を聴取されることに。

 

その翌日、仲間に西川まさとさんから一通のメールが届きます。

 

もうお終いや。これまでいろいろとありがとう。

 

すぐに仲間が西川まさとさんの家に駆け付けましたが、亡くなっていたそうです。

 

とても残念で、悲しい話ですね…。

 

 

年齢や相方の子供は?

 

西川きよしさんは、年齢が70歳代半ばとなりました。

 

かわらずパワフルにお笑い界を牽引されていますね。

 

そして、相方の子供といいますと、横山やすしさんの息子である木村一八(きむらかずや)さん。

 

 

暴行事件や銃刀法違反(後に模造品という事がわかり不起訴処分)で、3度も逮捕されたことがあり、世間を騒がせました。

 

現在はどうしているのでしょうか?

 

調べてみますと、現在も舞台を中心に俳優活動に復帰しており、自身の経験を活かし、青少年向けに人生相談をしていたり、地球環境問題に取り組む活動をされているそうです。

 

父親が生きている頃には親孝行ができなかったかもしれませんが、現在は心をいれかえがんばっているようですね。

 

今回はここまでです。
これからも、西川きよしさんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)