高橋優の虹が甲子園に!彼女はえりな?高畑充希と熱愛は?

Ads by Link-A


歌手として活躍の高橋優さん。

 

 

 

 

 

出身地は秋田県ですが、大学は札幌学院大学へ進んだため、インディーズ時代は札幌市にある、狸小路商店街のアーケードにて主に路上ライブをされていました。

 

 

 

 

 

 

主に、狸小路2丁目から4丁目あたりで路上ライブを行っており、人が集まる所に場所取するなどの苦労はなかったのか気になりましたが、

 

 

 

高橋優さんに限っては、アーケードの下ならOK!という条件のみで空いている場所で行っていたそうです。

 

 

 

(現在とはちょっと印象の違う若い頃の高橋さん)

 

 

 

高橋さんが歌う場所に人が集まり、その客目当てに他のアーティストも集まる。

 

 

 

飽和状態になると、また高橋さんが場所を移し客も移る、の繰り返しのような状況だったようです。

 

 

 

メジャーデビュー前から人気の高さを伺えますね。

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

高橋優甲子園に!

 

 

 

 

 

 

2017年テレビ朝日系列の「夏の甲子園」に関連する番組に使われる応援ソングが高橋優さんの「」に決まりました。




Ads by google


 

 

 

甲子園応援ソングの依頼を受け、高橋さんはイメージ作りのため「曲作りの旅」として、野球の試合観戦に全国行脚しました。

 

 

印象に残っている試合としてはやはり、早稲田実業の清宮幸太郎さん。

 

 

 

 

 

 

全国を回り、一生懸命練習や試合に打ち込む球児たちの活躍をみて浮かんだのが「虹」というテーマ。

 

 

「雨が降っているときだって、虹がかかるのを待つんじゃなくて、自分たちが虹みたいにきれいに」

 

 

という気持ちが込められているそうです。

 

 

選手たちの気持ちを鼓舞する素敵な応援ソングとなりそうですね。

 

 

 

 

続いては、彼女えりな高畑充希熱愛は?についてです。

 

 

 

2017年の12月には34歳となる高橋さん。

 

 

 

駆け出しのアーティストですと収入が不安定ですが、現在の活躍を拝見するに、かなり安定した稼ぎとなっているのではないでしょうか(笑)?

 

 

 

年齢的にも結婚が気になってくるのですが、路上ライブを行っている頃にもやはり彼女はいたようですね。

 

 

でも…!?

 

 

 

歌っている時の高橋さんに恋をしてしまうと、破局してしまうことが多かったようです。

 

 

 

歌手活動の時と日常生活の高橋さんとの間に大きなギャップでもあるのでしょうか?

 

 

 

2017年現在の彼女情報としては、出てきた名前が「えりな」さん。

 

 

 

ネットの情報では、メジャーデビューする前からのお付き合いをしていたそうで、メジャーデビュー時に一度破局されているという話です。

 

 

 

 

 

 

しかし、その後復縁し、結婚するのでは?といわれています。

 

 

 

しかしながら2016年1月頃、女優の高畑充希さんとの熱愛スクープが撮られています。

 

 

 




 
Ads by rakuten


 

 

 

二人の出会いというと、日本テレビ系列で放送されたドラマ「Q10(キュート」です。

 

 

 

高畑充希さんが出演していたドラマで、高橋さんは主題歌「ほんとのきもち」を歌っていました。

 

 

 

打ち上げなんかで、顔見知りとなったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

高畑充希さんは、自身の公式ブログにて高橋さんの曲を大絶賛!!




Ads by google


 

 

 

年齢差は高畑さんの方が9歳下ということでしたが…その後の二人の進展の話はナシ。

 

 

 

逆に高畑さんの方が2016年12月に俳優の坂口健太郎さんと熱愛スクープをとられています。

 

 

 

(※写真とスクープは関係ありません。)

 

 

 

やはり、高畑さんも歌っている高橋さんと日常の高橋さんとの違いについていけなかったのでしょうか?

 

 

 

さて、こうなると、インディーズ時代から支えていたといわれる「えりな」さんがやはり唯一どちらの高橋さんを愛せる存在なのかな?

 

 

 

文春砲?もしくはどこかの週刊誌社の「砲」を待ちましょう(笑)。

 

今回はここまでです。

これからも、高橋優さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

Ads by google


Leave a Reply