小島慶子は橋下徹が嫌い?反日なの?夫と子供は?水着画像!

2017年10月13日

タレント、エッセイストとして活躍の小島慶子さん。

 

 

こじまけいこ

 

 

元、TBSの局アナとして活躍されていました。

 

 

1

 

 

国籍は日本ですが、生まれはオーストラリアのパース。

 

 

お父様が商社マンであったことから、子供の頃は海外を転々とする生活だったそうです。

 

 

現在もコメンテーターとしてなど、テレビやラジオ出演をされていますが、お住まいは生まれ故郷のオーストラリア パースなんです。

 

 

お仕事の時は、オーストラリアから日本へ来ているということです。

 

 

パースは、四角い世界地図で見ると、オーストラリアの向かって左下の方にある都市です。

 

 

2016年5月現在、日本からパースへの直行便はないようで、1、2回の乗り継ぎをするルートとなっています。

 

 

このため、旅行時間は少なくとも16時間以上で考えた方がよいようです。

 

 

時差は、通常(サマータイムは別)日本と-1時間ということで、時差ボケとなることはなさそうです。

 

 

しかしながら、通勤時間が16時間以上とは、通うだけで疲れそうですね。

 

<ads by google>

 

では、本題です。

 

 

小島慶子橋下徹嫌い?についてです。

 

 

政治家から、弁護士に戻った橋下徹氏。

 

 

ハシモトトオル

 

 

2016年5月に、テレビ朝日系列で放送の「橋本羽鳥の新番組(仮)」に小島さんがゲストとして登場。

 

 

番組では、アメリカの大統領選についてなど、討論を繰り広げていました。

 

 

時に小島さんが感情的に話すことはありましたが、特に橋下徹さんに絞って「嫌い」という感情をむき出しにするようなことはなかったと思います。

 

 

小島さんに関する「嫌い」というワードは他に、視聴者の立場から、「コメント時にヒステリックな話し方をするので嫌い」といった意見が見られます。

 

 

また小島さんが嫌いと思うものの一つに、自身が元女子アナであるにもかかわらず、「女子アナ」嫌いがあるそうなんです。

 

 

気持ちがわからないような、わかるような…(笑)。

 

<ads by google>

 

続いては、反日なの?についてです。

 

 

小島さんの名前を検索すると、「反日」という検索ワードがみられるのですが、過去に反日を思わせる発言があったのでしょうか?

 

 

調べてみますと、日本テレビ系列で放送の「そこまで行って委員会」に出演時のコメントにあるようです。

 

 

どういった発言の流れがあったのかわかりませんが、「どうして中国の事をそんなに悪くみんないうのか?」と、小島さんが発言されています。

 

 

昨今の中国の政治や日本への対応を見ていると、日本人が反感を持ってしまうような話が続いています。

 

 

そんな中での小島さんの発言は、視聴者にとって「小島さんは、中国寄りの考え方なんだ」イコール「小島さんは反日?」と感じた方が多かったようです。

 

 

はじめにもお伝えした通り、小島さんは世界を転々として育った来た分、ずっと日本に住んでいた人に比べ、客観的に日本、および、世界の出来事を見ることができるのかもしれません。

 

 

しかしながら、発言の自由があるとはいえ、メディアで多くの日本人の感情をさかなでするような言い方はできる限り変えて欲しいものですね。

 

<ads by Rakuten>

 

続いては、子供は?についてです。

 

 

小島さんは2000年、自身が28歳となる年に結婚されています。

 

 

は、番組制作にかかわる会社にお勤めの方だったそうです。

 

 

ナゼ過去形の表現なのかというと、離婚したわけではなく、は会社を退職し、2016年現在お仕事をされていないという話です。

 

 

職業は、「主夫」ということですね。

 

 

子供は、2003年と、2005年に男の子が誕生しています。

 

 

母親がオーストラリアから日本へ行き仕事をしている時は、旦那様がしっかりと子供のそばにいてあげていることでしょうね。

 

<ads by google>

 

続いては、水着画像!についてです。

 

 

なんと38歳となる年に、グラビアに挑戦し、水着を披露されています。

 

 

では、ご覧ください。

 

 

小島慶子さんの水着画像!←こちらから!

 

 

身長が172cmと、かなりの高身長の小島さん。

 

 

2016年の7月には44歳となりますが、年齢を感じさせない抜群のスタイルで、同年代としてはうらやましい限りです。

 

今回はここまでです。

これからも、小島慶子さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!