菊間千乃の転落事故の後遺症は?社長やジャニーズとは?旦那と子供は?

元フジテレビのアナウンサーで、現在は弁護士・フリーアナウンサーとして活躍の菊間千乃さん。

きくまちの

「千乃」と書いて、「ゆきの」と読むのですね。

父親は、女子バレーを50年以上指導していた人物で、教え子には、三屋裕子さんや

さんや

大林素子さんなど

3

プロ入りする選手もいらっしゃるという程の実力者です。

厳しく父親に育てられたのかと思いましたら、父親は指導のために普段は合宿所に寝泊まりしていたため、

週に一度自宅に帰る、もしくは試合会場で会う程度の関わりしかできなかったそうです。

子供の頃の菊間さんにとっては、不在がちな父親に寂しい思いもあったかと思いますが、バレーボール一心に指導する父親の姿を誇りに思っているとコメントされています。

では、本題です。

菊間千乃転落 事故後遺症は?についてです。

フジテレビ系列の朝の情報番組「めざましテレビ」のリポーターとしても活躍されていた菊間さん。

1998年、マンションの避難器具について菊間さん自身が実体験し伝えるという企画がありました。

その際、生放送中にマンションの5階から転落するという事故に遭ってしまいます。

地上には、マットが敷かれていたのですが、腰椎を圧迫骨折。

全治3か月と診断されましたが、実際にはリハビリーを含めると、およそ1年かかったそうです。

心配なのはこの転落 事故による後遺症に、今、悩まされてはいないのでしょうか?

本人の後遺症に関するコメントをしている記事などが見当たらないため、本当はどうなのかはわかりませんでした。

個人的な見解ですが、やはり冬など冷える時期には痛みが走ったりすることがあるのではないでしょうか?

2016年には、弁護士としてフジテレビの単発のバラエティー番組に登場されるということもあり、注目されています。

これからも活躍が期待されますので、なにより身体を大切にしてほしいですね。

続いては、社長ジャニーズとは?についてです。

菊間さんの名前と合わせて多く検索されているのが、「社長」や「ジャニーズ」といったワードがあります。

社長については、先ほどの転落事故に関する話で、放送後責任を取ったのか?会社はどうなったのか?と、気になる方が多いようです。

どのような責任を取ったのかはわかりませんが、その会社及び、避難器具の名前を検索してもヒットしないので、

会社は無くなったのか社名変更、避難器具は海外からの輸入という話なので、現在日本では出回っていないようです。

全国放送で、まったく真逆の宣伝となってしまったのですから、仕方のない話なのかもしれません。

そして、ジャニーズについてですが、こちらはジャニーズ事務所所属の内博貴さんが当時未成年だったにもかかわらず、

菊間さんと飲酒していたことをスクープされ、互いに謹慎処分を受けたという話。

内博貴さんは、元々「関ジャニ∞(エイト)」のメンバーとして活躍し、2003年バレーボール応援で結成された「NEWS」のメンバーにも選ばれるというほどの活躍をされていたのですが…。

<Ads by Rakuten>

その後、どちらのグループからも脱退されたため、「関ジャニ∞」はそれ以降、メンバーは7人で構成されています。

この飲酒スクープに関しては、菊間さんが「今日は無理」という内さんを無理やり呼び出したという当時の報道も見られました。

しかし、実際のところは、音楽ユニット「ケツメイシ」のメンバーと飲んでいるところに、近くで飲んでいた内さんも合流したという話のようです。

現在はそれぞれの立場で活躍されているので、失敗から大きく学んだこともあったのかもしれませんね。

続いては、旦那子供は?についてです。

菊間さんは、2014年の自身が42歳となる年に結婚。

意外と最近の話だったのですね。

旦那様は、早稲田大学時代の同級生なのだそうです。

十年ぶりに再会したことを機に結婚に至ったという話があるので、旦那様とは学生時代からお付き合いされていたわけではないようです。

子供についてですが、2016年3月現在まだ話はないようです。

2016年で44歳となりました。

まだ子供を望むことができる年齢ではあるのですが、転落事故の後遺症の影響を心配する方の声も多く、デリケートな話でもあるので、温かく見守りたいですね。

今回はここまでです。

これからも、菊間千乃さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!