丸田佳奈の夫は医師で病院経営?実家は網走丸田組?ミス日本画像!子供やインスタは?

2022年4月12日ジャーナリスト・教育者・コメンテーター

産婦人科医師で、かつ、モデル・タレントとして活躍の丸田佳奈さん。

 

1981年生まれで、出身地は北海道網走市。

 

 

学歴は、北見北斗高校、日本大学医学部を卒業されています。

 

北見北斗高校というと、北京オリンピックでカーリング女子日本代表として銀メダルを獲得した、「ロコ・ソラーレ」所属の藤沢五月さんの出身校でもあります。

 

 

偏差値は63くらいというので、やや難関校です。

 

高校からは実家を出て、北見市にある母方の祖父母の家から高校へ通いました。

 

話は丸田佳奈さんにもどりまして、産婦人科医を目指したのは、中学校時代に行った過度のダイエットからといいます。

 

時はアムロちゃんブームで痩せた体型が良しと思い込む女子が多く、丸田佳奈さんも体重が落ちることに喜びを感じ、食べる量を過度に減らしたところ、拒食症に陥り、治療のために産科・婦人科へ通院。

 

治療を続け、止まってしまった生理が戻ったのは3年かかりました。

 

自身の辛い経験から、同じような状況に陥ってしまった方の気持ちに寄り添いたいと考え、2浪しましたが医学部で学ぶことができました。

 

大学では、ダンスや演劇のサークルに所属し、体をたくさん動かしたため、太ることはなかったそう。

 

現在は、コメンテーターとしてテレビ出演もされており、幅広い分野で活躍されています。

 

 

 

丸田佳奈の夫は医師で病院経営?子供は?

 

丸田佳奈さん、いつご結婚されたのか不明ですがご結婚されています。

 

夫も医師として活躍されており、出会いは丸田佳奈さんが研修医として務めた病院でした。

 

夫は7歳上で、すでに他の病院で勤務していましたが、担当していた患者さんの経過をみるために週に一度外来や当直に入っていました。

 

旦那様について、丸田佳奈さんが産婦人科医師として研修に行った病院にいたことや、「同業者夫婦」というコメントが見られましたので、同じく産婦人科医師と考えてよいでしょうか?

 

自身の年齢が30歳目前であったことや、女医として仕事を続けるとなかなか結婚しづらいと考え始めた頃に旦那様に出会ったそうで、「将来結婚しないなら、お互いの時間が無駄になるので、付き合うのはやめましょう。」と言ったそうです。

 

その言葉がかえって「潔く、新鮮だった」と後にいわれたそうです(笑)。

 

子供についてですが、2017年に第一子である、娘さんが誕生しています。

 

「結婚しても、妊娠するまで時間がありました。」というコメントが見られましたので、結婚は丸田佳奈さんが28歳から30歳となる、2010年~2012年くらいの間でしょうか?

 

 

医師として、妻として母として、そして、メディア出演と自分の時間がないほど忙しそうですが、旦那様がとっても協力的な方なのだそう。

 

コメンテーターとして失敗がないように、参考になりそうな番組を録画しておいてくれたり、出演する時に参考になりそうな資料を集め、さらにアンダーラインを引いといてくれたりと…。

 

素敵な旦那様ですね~。

 

ご主人の病院はわかりませんでしたが、丸田佳奈さんは東京女子医科大学八千代医療センターに名前がみられました。

 

医療の最前線でも大活躍されているのですね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

実家は網走丸田組?

 

丸田佳奈さんのご実家は現在も網走市にあるのですが、建築系の自営業をされています。

 

名前が同じということで、ご実家は「丸田組」ではないかといわれています。

 

 

かなりの額ですね…。娘を私立の医療系に通わせたのですから、お金持ちなのでしょうね。

 

父方の曽祖父が本州から北海道へ移住し大工の組を作り、祖父の代で株式会社にし、父親も1級建築士の資格を取得し家業を継いでいるということです。

 

母親も建築系の家柄だったそうで、医療系に進んだのは自分だけという話が見られました。

 

丸田佳奈さんには弟と妹がいるそうなので、兄弟がこの先家業を継ぐのでしょうね。

 

<ads by Rakuten>

 

ミス日本画像!

 

丸田佳奈さん、2007年度「ミス日本 ネイチャー」を受賞されています。

 

受賞したのは大学4年生の時、一つの挫折を乗り越え、記念のつもりで応募したのだそう。

 

では、ご覧ください。

 

丸田佳奈さんのミス日本画像!←こちらから

 

現在の華やかな活躍に至るまでには、色々な苦難がありました。

 

医学部に入るために2浪し、大学入学後も医師の夢を諦めたくないのに、勉強でわからないことが多くなるなど壁にぶつかり、現実逃避してしまったのか、1日中家で寝るなど矛盾した生活を送ってしまい、1年留年、1年休学してしまいました。

 

離れて住んでいても、応援してくれていた両親の言葉を支えに、何とか苦難を乗り越え、国家試験に合格した時は父親も涙声でお祝いしてくれたそうです。

 

現在の活躍に至るには、ご両親の支えも大きかったのでしょうね。

 

 

 

インスタは?

 

丸田佳奈さんはインスタを開設されています。

 

インスタのユーザー名は「@kanamaruta」。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

丸田佳奈(@kanamaruta)がシェアした投稿

 

 

お仕事の時は、すっぴんなんだそうなのです。美しすぎますね…。

 

今回はここまでです。
これからも、丸田佳奈さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)