波田陽区の現在の年収は?残念ネタとは?たけしマジ切れ?水谷隼と似てる?

お笑いタレント

お笑いタレントとして活躍の波田陽区さん。

 

1975年生まれ、出身地は山口県下関市。

 

 

本名は、波田晃(はだあきら)さんといいます。

 

学歴は、山口県立豊浦高校を卒業後、熊本学園大学商学部に入学・卒業されています。

 

高校の学校祭で、友人とコントを披露したところ、大ウケしたことから芸人になりたいと思うきっかけとなりました。

 

 

波田陽区の現在の年収は?

 

波田陽区さんの最高月収は、2004年になんと2800万円もらったのだそう。

 

重ねますが、「月収」ですよ…!?

 

しかし、現在となっては一発屋芸人として番組に登場するようになってしまいました。

 

現在、どんな活躍をし、年収はどのくらいになってしまったのでしょうか?

 

2019年に日本テレビ系列で放送された「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に電話で出演。

 

番組内で、年収について「40代のサラリーマンと同じくらい」とコメントされています。

 

 

そこそこ良い収入を得ているようですね。

 

今はさらに特技を増やして、出演の機会をうかがっているのか、「紙切り」を特訓されている様子が、自身の公式ツイッターで見られます。

 

大ブレークがすでに下火になった2007年に、大学時代に知り合い12年間遠距離で交際していたという方と結婚。

 

2009年には、男の子供が誕生しています。

 

ブレーク時はちょっと高飛車だったと反省し、現在は息子が一発芸人の子供と言われないように、「使ってください」と頭を下げて謙虚に営業されているそうです。

 

2015年頃から拠点を東京から福岡に移し、レギュラー3本、ラジオ5本をもっているそう。

 

全盛期から比較するとかなり減収と思いますが、「家賃は東京の3分の1くらいだし、嫁と子供と1泊2日の旅行に行ったことがすごく幸せ」と現在の生活についてコメントされています。

 

売れっ子時代は、毎日10万円は使っていたという波田陽区さん。

 

それからすると現在はつつましい生活なのでしょうが、奥様と子供と日々幸せを感じながら過ごしているようですね。

 

 

残念ネタとは?

 

波田陽区さんといえば「ギター侍」という名前でも呼ばれ、ギターで弾き語りながら、オチの部分で「残念~~!!」という流れがネタの定番です。

 

2019年にはメンズコスメのCMで「残念ネタ」を披露。

 

 

あら、意外と(笑!?)、お肌きれいですね。

 

残念シリーズで、そろそろ再ブレーク期待しています!

 

<ads by Rakuten>

 

たけしマジ切れ?

 

波田陽区さんの名前を検索すると、「たけしマジ切れ」という、ちょっと恐ろしい関連ワードが見られました。

 

たけしさんというと、やはり大御所のビートたけしこと、北野武さんのことと思います。

 

 

一体、過去に何があったのでしょうか?

 

事件(!?)は、テレビ東京系列で放送されていた「たけしの誰でもピカソ」に波田陽区さんが出演された回で起こりました。

 

いつもの残念ネタに、ビートたけしさんの実の娘のことをネタにしたのだそう。

 

そのネタの内容は…

 

「俺はビート、ビート、たけしだよ。映画の監督やってるよ。『HANA-BI』や『Brother』『座頭市』、これからもいいもん作ってくっていうじゃなぁ〜い。でも、あんたの娘は子供作っちゃいましたから〜! 残念!」

 

この頃、ビートたけしさんの娘さん、さずかり婚をされた時期でした。

 

どこまで本気だったのかはわかりませんが、そのネタにビートたけしさんは椅子を投げつけようとしましたが、共演していた今田耕司さんが止めに入り、事なきを得ています。

 

これは演出?それとも…?視聴者からは「あの形相は本気で怒っている」と感じた人が多かったようです(笑)。

 

 

水谷隼と似てる?

 

卓球日本代表として活躍の水谷隼(みずたにじゅん)さん。

 

北京、ロンドン、リオオリンピックに出場されています。

 

2016年開催のリオオリンピックで、日本人初卓球シングルでメダリスト(銅メダル)を獲得し、一躍時の人となりました。

 

 

嬉しいことにその注目は波田陽区さんにも飛び火。

水谷選手の試合の翌日、ワイドショーで水谷隼さんと波田陽区さんが似てると話題になりました。

 

直後に、所属事務所に出演依頼の電話が殺到したそうです。

 

僕が再ブレークしたのは、水谷隼さんのおかげとコメント。

 

2020年は東京オリンピックが延期となりましたが、また2021年に水谷隼さんが活躍されると、必然的に波田陽区さんもメディアで見かけることが多くなりそうですね。

 

今回はここまでです。
これからも、波田陽区さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)