大西礼芳の高校生画像!サックスは?ブサイク・かわいくない?霧ヶ峰CM!

女優として活躍の大西礼芳(おおにしあやか)さん。

京都造形芸術大学の映画学科俳優コースを卒業されています。

在学中(大学一年の頃)の2009年に、教授を務めていた高橋伴明監督の映画「MADE IN JAPAN こらッ!」の主役に大抜擢されました。

この映画の製作にあたり、配給や宣伝すべて学生たちで行ったのだそう。

この経験から「映画を観てもらうのは難しい」と運営側の苦労も学び、「このまま終わりたくない。劇場に人を呼べる役者になりたい」と思ったことから女優をめざすことになりました。

芸能界に入ってからは、NHKの「花子とアン」や「べっぴんさん」、大河ドラマの「真田丸」など、他局でも数多くのドラマや映画に出演されています。

憧れの芸能人は「志村けん」さんという大西礼芳さん、名女優に急成長中ですね!

では、本題です。

大西礼芳高校生画像!

2015年に公開された映画「幕が上がる」で、女優の吉岡里帆さんと共演。

この映画内で、大西礼芳さんと吉岡里帆さんが高校生姿を披露されています。

二人とも年齢的には20歳を超えているのですが、高校生といっても違和感を感じません。

年齢を感じさせないのも二人の演技力の高さが伺えますね。

サックスの経験は?

2017年7月期にTBS系列で放送された日曜劇場「ごめん、愛してる」に出演。

プロのサックス奏者という役柄でした。

大西さんが実際にサックスを演奏する姿をみて、「本当に吹いているの?」とか、「サックス演奏の経歴はあるの?」と疑問を抱いた方もいらっしゃると思います。

調べてみますと、中学と高校時代に吹奏楽部に所属しており、パートがサックスだったそうです。

自分の特技がドラマで活かされるなんて素敵ですね。

しかしながら、ドラマの中では演奏してお金をもらうプロのサックス奏者を演じるという事もあり、プロサックス奏者である「前田サラ」さんのご指導を受けました。

たとえドラマの役柄であっても、本物を追及するという惜しまない努力、女優魂を感じます。

<Ads by Rakuten>

ブサイクかわいくない

前節で紹介のドラマ「ごめん、愛してる」では、自由奔放で気のままに生きている女性「塔子」を演じました。

ドラマの内容はネタバレとなってしまうので、詳しくはお伝えできませんが、自由奔放な性格がゆえに周囲の男女関係が振り回されるようです。

最終回の視聴率はなんと12.8%。

ドラマ低迷期が歌われる近年からするとかなりの高視聴率のドラマとなりました。

大西さん演じる塔子のヒールな演技にドラマであることを忘れ、ブサイクかわいくない~と感じた方が多かったようです。

こんなに顔立ちが整っているのに、悲しい関連ワードですね。

大西さんの名前を検索すると、「ブサイクかわいくない」というワードが見られるのは、ドラマの役柄が起因するものだったのですね。

霧ヶ峰CM!

2018年の6月頃より三菱電機のエアコン「霧ヶ峰」のWebムービー、いわゆる番外編ともいえる作品に大西さんが登場しています。

「うちって霧ヶ峰だったっけ?」編で、ちょっとおとぼけな奥様役で登場。

ちなみに旦那様役はお笑いユニット「ラバーガール」の大水洋介さん。

大西さん演じる奥様が、自宅のエアコンが「霧ヶ峰」なのに、杏&若林夫婦が出演のCMを観て「これ、いいね!」と、買いたい衝動にかられます。

リアルではボケ担当の大水洋介さんですが、Webムービーでは立場が逆転し、ツッコミ役なのも笑えます。

ネット解禁から約2週間で250万再生を突破するという人気っぷり。

この二人のコンビ、しばらくシリーズ化が期待されますね。

今回はここまでです。

これからも大西礼芳さんの活躍を期待しています。

次の記事もお楽しみに!

error: Content is protected !!