大橋未歩アナのやりすぎ画像!旦那と子供は?脳梗塞は?離婚理由は

2019年3月29日アナウンサーやりすぎ, 大橋未歩アナ, 子供, 旦那, 画像, 脳梗塞, 離婚

アナウンサーとして活躍の大橋未歩アナ。

 

上智大学法学部卒業後、テレビ東京に入社。

 

アナウンサーになろうと思ったきっかけはオリンピックを取材したかったからなのだそうです。

 

テレビ東京の人気看板アナウンサー大江麻理子さんは、一期上の先輩アナウンサーですが、大橋未歩さん、大学入学前に一浪されているため、同じ学年だそうです。

 

1978年生まれには二人も素敵なアナウンサーが誕生しているのですね。

 

 

 

 

では、本題です。

 

大橋未歩アナやりすぎ画像

 

大橋未歩アナ」と「やりすぎ」との関係は、テレビ東京系列で放送の「やりすぎコージー」と「やりすぎ都市伝説」の話です。

 

2005年から2011年の間「やりすぎコージー」のMCを担当されていました。

 

そして、テレビ東京退社間際に「やりすぎ都市伝説」に出演。

 

大橋未歩アナ、やりすぎ都市伝説の初代MCを担当されていたのですね。

 

テレビ東京の大橋アナに対する温かな粋な計らいを感じます。

 

 

 

 

旦那子供は?

 

大橋未歩さんは2016年に結婚。

 

後程、詳細をお伝えしますが、2016年の結婚は大橋さんにとって再婚になります。

 

旦那はヤクルトスワローズで活躍された城石憲之さん。

 

現在の旦那様は、大橋さんの古巣であるテレビ東京でディレクターのお仕事をされている人物です。

 

出会った当初は、まだ旦那様はアシスタントディレクターで、荷物持ちなど身の回りのお世話をしてくれていたようです。

 

お店の人や移動のタクシーの運転手さんにもとても気さくな態度だったのがとっても好印象だったそうです。

 

プロポーズの言葉は「人生で一番素敵な結婚という契約をしてみたい」でした。

 

旦那様の方が10歳年下ということで、家では旦那に「母ちゃん」とか「おばちゃん」なんて悲しい呼ばれ方をされているそう。

 

しかし、年齢が40歳代となった今では貫禄もついたのか、「かあちゃん」と呼ばれても母性の方が優先され、うれしく思うんだとか(笑)。

 

夫婦関係は亭主関白という話で個人的には意外に思いましたが、外では全面を切ってバリバリ働いている分、プライベートでは旦那に従順という日常生活での変化が大橋さんの性格に合っていたのでしょう(笑)。

 

子供についてですが、前夫との間にも現在の旦那様の間にもいらっしゃらないようです。

 

大橋さんは子供が好きで不妊治療にも挑んでいたという話も見られるだけに、温かい気持ちで見守りたいですね。

 

 

 

 

脳梗塞から現在は?

 

大橋未歩さんは2013年の1月に脳梗塞になっていました。

 

2010年にテレビ東京系列で放送の「極嬢ヂカラ」の企画で人間ドックを受けおり、首に動脈硬化があることが判明。

 

その際に「脳梗塞に注意」と忠告を受けていたのだそうです。

 

お若いのに動脈硬化とか脳梗塞になったりするのですね…。

 

脳梗塞になる直前の様子としては、寝る前に顔を洗っている時に、右手が左手に触れているのに、さわった感覚がなく、マネキンにさわっているようだったそうです。

 

洗い終わってクリームをとろうとしたら、クリームを掴み損ね落下。

 

拾おうとしましたが、そのまま床に倒れてしまい、気づいた家族が救急車を呼び、緊急搬送されました。

 

家族の声掛けに「大丈夫」と答えたつもりが、ろれつも回らない状態でそのあとは記憶が断片的にしか残っていないそうです。

 

診断結果は脳梗塞が4か所もあるといわれましたが、奇跡的に後遺症が残るような致命的な部位では梗塞が起こらなかったそうです。

 

復帰までおよそ7か月の療養、うち約1か月は入院生活でした。

 

入社から12年間、人気アナウンサーとして活躍続けていましたが、入社後初めてゆっくりした時間を過ごし、自分の人生を見つめなおす良い時間となったそうです。

 

半面、自身が仕事から離れても社会は変わりなく動き続けている状況から疎外感・孤独も感じていたそうです。

 

現在は健常者と変わりない生活を送ることが出来ていますが、体内には4cmほどの「ステント」という血管を広げておくための金属を一生いれたまま過ごさなければならないとの事です。

 

今後も視聴者をたくさん楽しませて欲しいですが、まずは何より自身の健康を最優先して欲しいですね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

城石憲之との離婚理由は?

 

大橋さんは2007年に城石憲之さんと結婚していました。

 

城石憲之さんは、元プロ野球選手で、引退後は北海道日本ハムファイターズの一軍打撃コーチとして活躍。

 

2003年に共通の友人を通して知り合ったそうです。

 

大橋さんは2002年に入社して半年後に「激生!スポーツTODAY」という番組を担当されていたので、元より多くのスポーツ選手との交流があったようです。

 

交際期間は3年半の2007年に結婚されましたが、2015年の春頃に離婚されています。

 

大橋さんが2013年に脳梗塞を患った際には献身的に看病をされていたという城石さんですが、なぜ離婚となったのでしょうか?

 

離婚から一年経過しないタイミングでの大橋さんの再婚に当時はバッシングの嵐が起こりました。

 

離婚理由はすれ違いの生活や大橋さんが子供を望んだことといわれています。

 

離婚となった2015年に城石さんはヤクルトを離れ、北海道日本ハムファイターズのコーチに就任したことから、さらにすれ違いの時間が増えることが想像されたのでしょう。

 

脳梗塞の経験から自分の死と向き合い、孤独と闘った壮絶な日々を過ごした大橋さん。

 

大橋さんの離婚・再婚直後に大きな騒動となっていないことから、周囲の温かい見守りがあっての人生の再出発だったのでしょう。

 

大橋さんに限らず、出会いのタイミングが違っていたら…という経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

大橋未歩さんの今後も活躍を期待しています。

今回はここまでです。

次の記事もおたのしみに!