甘利明 白髪頭は病気?自宅は?嫁と子供は?歌上手?おでこ長い宇宙人?

政治家として活躍の甘利明(あまりあきら)氏。

1

2015年7月現在、当選回数11回。

2016年1月現在、自由民主党に所属の衆議院議員であり、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を務めていました。

しかし、週刊誌により「金銭授受疑惑」を報道され、この責任を取る形で大臣を辞任することとなりました。

過去にもみられる政治と金のスキャンダルや安倍政権についての疑問など、様々思うところがあると思います。

しかし、今回の甘利氏の辞任については、今後の外交や国益など考慮すると、個人的には大臣辞任は残念に感じました。

では、本題です。

甘利明 白髪頭は病気

甘利大臣閣議後記者会見の2015年5月22日までの動画では、先ほどの画像のように、髪は真っ黒でした。

しかし、5月26日を境に、短髪で、両サイドが白髪というヘアースタイルに突如変身。

1

病気で白髪となったわけではなく、奥様からのアドバイスでもあったのでしょうか?

2015年には66歳となるわけですので、どちらかというと、現在の白髪の髪型の方が見た目、自然なのかもしれませんね。

甘利氏と病気というと、2013年に体調不良から精密検査をすると「舌癌」であることが判明します。

早期発見できたため、手術後復帰しています。

どんなに忙しくても、健康があってこそ活躍できるので、定期的な健診を受けることは大切な話ですね。

続いては、自宅は?についてです。

甘利氏の出身地および選挙区は、神奈川県です。

ということで、自宅は神奈川県のようです。

さらに、甘利氏の公式サイト内にある「あきらが行く」というコラムに、「自宅近くのラーメンやさん」という内容の紹介がありました。

そのラーメン屋さんの住所が「神奈川県大和市中央林間」とあるので、逆に考えて自宅はそのあたりということになりますね。

ちなみに「あきらが行く」では、2015年7月2日現在、56店の紹介が見られます。

甘利氏の地元一押しのお店が、画像満載でたくさん見られました。

<Ads by Rakuten>

続いては、子供は?についてです。

さんとなった方が何をされていたのか、情報が見当たりませんでした。

甘利氏が結婚したのは、33歳の頃だったそうです。

父親の甘利正氏の政界引退により、秘書を務めていた明氏が、地盤を継ぐ形で34歳で初当選を果たします。

選挙に出馬するに当たり、先輩議員から「選挙に出るなら、結婚していないと公認しない。」と半分冗談交じりに言われたそうです。

すると甘利氏も「今日家をでて、最初にあった知り合いの女性をにする。」と返事をしたそうです。

冗談とも思えるような話ですが、この話が現実となりました。

ま、心底では奥様との結婚を考えていたのでしょうが、それまでプロポーズするきっかけがなかったのでしょうね。

周囲の後押しがあっての結婚だったのですね。

そして、子供についてですが、女の子供が二人いるようです。

娘さんたちが、結婚されているのかはわかりませんが、甘利氏の地盤を継ぐのは、どちらかの娘婿となるのでしょうか?

続いては、上手?についてです。

2015年5月26日の記者会見にて、ロックバンドの「ゲスの極み乙女 」が歌う「私以外私じゃないの」の替えをうたったそうです。

甘利氏は2016年に運用が開始される「マイナンバー制」のアピールのためったようですが、あまりに突然のことで、現場の記者たちもかなり驚いたそうです。

この話に、ネットでもかなり「ドン引き」の感想が多いようですが、若者にも興味を持ってもらうという甘利氏の策略は成功したようですね。

それとも、うたった話だけに注目が集まって、やはり「マイナンバー制」の内容までは理解していない方も多いのかもしれませんね・・・。

続いては、おでこ長い宇宙人?についてです。

甘利氏を検索すると、「おでこ」・「頭長い」・「宇宙人」という言葉とも合わせて多くの方が検索されています。

2

確かに、おでこは広く、さらに眉毛から上の頭の長さが長い感じがします。

たくさん脳みそが入っていそうですね(笑)。

宇宙人という言葉に関しては、2010年ころの鳩山内閣のころに、甘利氏の公式HP内で使われています。

お分かりの通り、意味が分からない、通じない政治家に対して使われた言葉のようです。

気持ちもわからなくはありませんが、そんな人たちと一緒にされてしまう、宇宙人も迷惑な話と思っているかもしれませんね(笑)。

今回はここまでです。

甘利明さんが国民のためになる活躍をしてくれることを期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みー より:

    アメリカのフロマンの度の過ぎた〇〇さが
    甘利氏の髪を白くしてしまった

    • 噂の芸能情報管理者 より:

      みーさん、コメントありがとうございます。

      外交問題、歴史や価値観の違いも大きく、関係閣僚も日々頭を悩ませていることでしょう。
      ときに日本の対応に腹正しく思うこともあります。

      友好国、近隣国ともに歩み寄り、今の子供たちのためにも、住みやすい世界という未来の歴史を作りたいものです。

      また、お時間ありましたらお立ち寄りくださいませ。

error: Content is protected !!