大塚耕平の学歴は?夫人や息子は?仏教なの?民進・希望と合併は?

2019年2月19日

 

民進希望合併はあるの?

 

2017年の衆議院総選挙にて小池百合子氏率いる「希望の党」と「民進党」が合流するという話がでました。

 

当時の民進党代表は前原誠司氏(次に大塚氏が引き継いでいる)。

 

この為民進党は、党として比例代表を含めて公認候補を出さず、希望の党に公認申請を受けることにしました。

 

小池百合子氏と一緒に写る選挙ポスターを作りたい人は3万円支払うように何と話もありました。

 

さらに、小池氏は民主党員すべてを受け入れることはしないと、いわゆる「排除」発言が問題に。

 

この上から目線ともいえる発言から民進党から離脱者が続出し、前原氏と代表選を戦い敗北した枝野幸男氏が「立憲民主党」を選挙間際に立ち上げました。

 

選挙結果は、自民党が圧勝の上に、野党第一党の座は「立憲民主党」に奪われてしまうという大失態を受け、前原誠司は責任をとって代表辞任しています。

 

 この辞任を受け、2017年10月31日、大塚耕平氏が無投票で民進党代表に就任。

 

ただでさえ、大きな逆風が吹く中、2018年1月25日に参議院で行われた代表質問で、「民主党・新緑風会を代表して…」と言ってしまいました。

 

代表質問のトップバッターということもあり、緊張してしまったのかな?

 

人間誰しも間違いはありますので、仏の心を持って温かく見守りたいですね(笑)。

 

 

<ads by google>

 

 

さて、立憲民主党、民進党、希望の党、維新の党などなど、野党再編も気になるところです。

 

与党奪還だけを狙って、政策の方向が別々なのに寄り集まってもひずみが生じますし、国民の信頼も得られずらいものがあります。

 

しかしながら、「まともな野党がないから、仕方なく自民党」という国民感情が長く続かないことを願います。

 

今回はここまでです。

次の記事をお楽しみに!