矢野浩二の嫁は中国人!子供の国籍は?年齢やブログは?森田健作とは?

森田健作との関係は?

俳優であり歌手の森田健作さんの運転手兼付き人として9年程務めていたそうです。

森田健作さんが1992年から政治家になってからは、矢野さんは秘書のお仕事も一部されていたんだそう。

そして、転機は2000年に訪れます。

中国ドラマ「永遠の恋人」の出演が決定。

ドラマ内で5人いる主役級の役柄の一人となりました。

全く中国語が話せない状態で、急きょ単身中国に渡りました。

中国に行くかどうかを森田健作さんに相談した際、森田さんはまったく引き留めることはしなかったそうです。

不安もあってか、矢野さんは内心「ちょっとは引き留めてよ…。」と思ったのだとか(笑)。

当時を振り返り、森田さんは「矢野さんの直感を信じたし、矢野さんの俳優を志す情熱を感じ、イケる気がした」のだそう。

運転手時代の矢野さんは、何度となく車をぶつけてしまったそうで、森田さんもさんざんしかりつけた過去もあったのですが、

翌日には元気に「おはようございます!」と来る様子から、どことなく森田さんもつらい環境を矢野さんなら乗り越えられると感じたのでしょう。

森田さんもただただ送り出したわけではなく、「学費は出すから、後は自力で頑張れ!」と、中国語などを勉強するための学費をだしてくれたのだそう。

<Ads by Rakuten>

その後も中国にて多くドラマに出演されていましたが、抗日ドラマの残虐な日本兵などの悪役イメージのお仕事が多かったことになやんだそう。

その時には森田氏は「気にせずやり通せ。出過ぎた杭は打たれない」と声をかけたそうです。

中国に行ってからも森田さんに相談に乗ってもらっていたことが、精神的な支えとなっていたと語っています。

その後、できる限り抗日ドラマの出演は断るようにしていたようです。

そして2度目の転機が、中国でのバラエティー番組の出演でした。

これまでの悪人イメージから、トーク番組での明るいギャップから一挙に人気を集めました。

2014年には中国のポータルサイト「百度」で、日本に関するキーワードのカテゴリ別ランキングの「男性芸能人」部門で2位となるほど。

ちなみに、1位は金城武さん、3位は小栗旬さんでした。

矢野さんの現在の活躍の陰には森田さんの温かい支えもあったのですね。

日本のテレビドラマ初出演は?

矢野さんの日本でのドラマ初出演はなんと2013年最近の話です。

そのドラマとは日本テレビ系列で放送された「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」でした。

出演ドラマでは中国語が堪能ということもあり、中国人の役を演じることも多いです。

中国では日本人役、日本では中国人役と逆転しているんですね。

2016年には日本での活動を本格化していますが、未だに中国での人気は衰えていません。

日本と中国との相互理解促進に貢献したという理由で、外務大臣表彰も受けています。

これからも、日中友好の懸け橋として尽力する活躍も見られそうですね。

今回はここまでです。

これからも、矢野浩二さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

error: Content is protected !!