升毅の嫁は?息子は升秀夫?娘は女優!姪の旦那は「T」!白髪は?

 

俳優として活躍の升毅(ますたけし)さん。

 

 

 

マスタケシ

 

 

 

 

2017年公開予定の映画「八重子のハミング」が、映画初主演作なのだそうです。

 

 

 

1

 

 

 

数多くのドラマや映画で升さんを見ていただけに、今頃初主演だったとは、とても意外な話と感じました。

 

 

 

「八重子のハミング」で升さんは、4度のがん手術を受け、自身も病と闘いながら「若年性アルツハイマー」を患う妻を見守る夫という役柄。

 

 

 

日々、幼子のようになっていく妻へ、夫は日常の出来事を「五七五七七」の愛のある短歌にして贈ります。

 

 

 

 

 

 

 

夫婦や家族の温かいつながり、そして地域の温かな支えと絆がつながるストーリー、公開が楽しみですね。

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

 

升毅は?についてです。

 

 

 

升さんのおさんとなった方は、一般の方ともいわれていますが、元舞台俳優だったという話もみられます。

 

 

 

升さんの下積み時代をおさんがしっかりと支え続けたことで、現在の活躍につながっているわけですね。

 

 

 

 

 

続いては、息子升秀夫は女優!についてです。

 

 

 

升さんの子供は、息子の二人のようです。




Ads by google


 

 

 

「升」という姓の方は、全国でも400人もいないという希少さから、ロックバンドの「BUMP OF CHICKEN」の ドラマーである升 秀夫さんは「升毅さんの息子?」と思われる方もいるようです。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

調べてみますと、升秀夫さんの出身地は千葉県。

 

 

 

升毅さんのご家族は長らく大阪在住という話が見られるので、升秀夫さんは、息子ではないようです。

 

 

 

勝手ながらの私見ですが、どことなく目のあたりが似てるような気がします・・・。

 

 

 

もしかすると、近い親戚なのかもしれませんね。

 

 

 

もし、わかりましたら、追記いたします~。

 

 

 

升さんの公式ブログ「大衆居酒屋 ますや ~毎日が宴会~」で、「息子」について記事を探してみましたが、

 

 

 

「息子に見送られて~」の文がある記事の画像は、2匹の猫ちゃんでした。

 

 

 

升さんにとっては、この2匹の猫ちゃんは、確かに息子という存在なのでしょう(笑)。

 

 

 

色々と調べたのですが、実の息子については、何をされている方なのかは不明でした。

 

 

 

 

そして、さんの方ですが、芸能界入りされています。

 

 

 

升望さんという名前で、「升ノゾミ」という芸名で活躍されています。

 

 

 

すでに、舞台「一郎ちゃんがいく。」で親子共演もされています。

 

 

 

3

 

 

 

 

舞台を見に来てくれた人に元気を与えてくれそうな、すてきな笑顔の娘さんですね。

 

 

 

 

 

続いては、旦那は「T」!についてです。

 

 

 

升さんのっ子さんは、モデルとして活躍の「ますあや」さんなんだそうです。

 

 

 

ますあや

 

 

 

 

美人ですね~!




 
Ads by rakuten


 

 

 

ますあやさんは、2016年の8月に年齢が31歳となっています。

 

 

 

2015年の3月に結婚されているので、30歳となる前に結婚されているのですね。

 

 

 

その旦那様となった「T」とは、プロ野球選手として活躍の「T-岡田」さんです。

 

 

 

T岡田

 

 

 

 

2016年現在は、オリックスバファローズに所属し、100本塁打の記録を持つなど、主砲としての活躍を期待される選手です。




Ads by google


 

 

 

大阪が大好きの升毅さんですから、大阪に拠点を置くチームの選手とっ子が結婚したことは、一層大きな喜びとなったことでしょうね。

 

 

 

 

 

続いては、白髪は?についてです。

 

 

 

最近、升さんというと、白髪交じりで登場されていることが多いようです。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

2015年後期のNHK朝の連続ドラマ「あさが来た」では、主人公「あさ」の父親役を演じました。

 

 

 

1

 

 

 

 

ドラマの中で、升さん演じる今井忠興の年齢の経過をたどるにあたり、ヘアメイクさんが少しずつ白髪の量を増やすメイクをおこなったようです。

 

 

 

地肌に白系のファンデーションを塗ったり、ところどころ細筆を使い、丁寧に銀系の染料を塗ったりと、ヘアメイクさんの苦労を重ねたこだわりによって、違和感のないドラマの流れができていたようです。

 

 

 

何気なく見ているドラマでも、舞台裏ではさまざまなスタッフの苦労や努力あって、完成度の高い作品が生まれているのですね。

 

今回はここまでです。

これからも、升毅さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

 

Ads by google


Leave a Reply