水道橋博士ナゼ女装?髪はかつら?嫁と子供は?免許証が?ブログが初?

 

お笑いタレントとして活躍の水道橋博士さん。

 

 

 

スイドウバシハカセ

 

 

 

お笑いユニット「浅草キッド」として相方の玉袋筋太郎さんと活躍もされています。

 

 

 

アサクサキッド

 

 

 

事務所は「オフィス北野」。

 

 

 

お笑い界の大御所ビートたけしさんにあこがれ、出待ちをし、自作の企画書を何度か持参し、認められたことが芸能界入りのきっかけの一つとなりました。

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

 

水道橋博士ナゼ女装?についてです。

 

 

 

2016年、近頃水道橋博士がチークを入れるなどの女性的なメイクや、服装も女装だと巷がザワついてきています。

 

 

 

2

 

 

 

が金髪ということも加え、まったくの別人に見受けられます。

 

 

 

もちろん、過去にも企画やコントなどで女装をしていたようです。

 

 

 

2013

 

 

 

 

 

水道橋さんが女装するようになった理由としては、「路線変更」とのコメントが見られます。

 

 

 

きちんとした理由もあるようなのですが、番組では「20分はかかるので…」とややはぐらかしめいたコメント。




Ads by google


 

 

 

近々真実を明かすことになるのか、しばらく出演番組をチェックの日々となりそうです。

 

 

 

 

 

続いては、かつら?についてです。

 

 

 

水道橋さんは、時々こんな頭↓で出てくることがあります。

 

 

 

3

 

 

 

本当にリアルな薄毛具合です。

 

 

 

4

 

 

 

このため、ふさふさのヘアースタイルの時はかつら?と思う方がいるようです。

 

 

 

どちらが真実か?というと、答えはフサフサが正解!

 

 

 

薄毛の時期もあり、帽子を手放せないこともあったのですが、増毛にチャレンジし、成功を収めているそうです。

 

 

 

ということで、薄毛の型の方は、なんと自作!




Ads by google


 

 

 

小銭稼ぎのためにこのようなヘアースタイルにしているのだそうです(笑)。

 

 

 

お笑いの取り方が、一風も二風も!?変わっていますね。

 

 

 

 

 

続いては、子供は?についてです。

 

 

 

最近は女装が目立つようですが、おさんはちゃんといらっしゃいます。

 

 

 

さんとなった方は、12歳も年下の一般のかたなのだそうです。

 

 

 

そして、子供は3人。

 

 

 

尊敬する北野武さんと高田文夫さんの名前にあやかった名前を子供たちにつけているのだそうです。

 

 

 

2

 

 

 

 

師匠を心底、崇拝されているのですね。

 

 

 

 

続いては、免許証が?についてです。




 
Ads by rakuten


 

 

 

水道橋さんの免許証が注目されている理由がこちらの画像!

 

 

 

2

 

 

 

 

バックの青さでわかる方もいると思いますが、実際の水道橋さんの免許証につかわれた写真なんだそうです。

 

 

 

この状態で、よく撮影の方から許可をいただけたもんだなぁ~とある意味感心してしまいました。

 

 

 

このおふざけの写真だけでも問題と感じるのですが、紛失を偽って、新しい変顔の免許証を数度作成したことをメディアで公表したことが大問題となりました。

 

 

 

このことが警察関係者の耳に入り、「不正取得」ということで、なんと書類送検されることとなります。

 

 

 

このため、水道橋さんは4か月の謹慎と芸能活動の自粛をすることとなります。

 

 

 

あおりで、仕事が激減してしまった相方。

 

 

 

相方に多大な迷惑をかけてしまったことに気づき、その時になって猛省したようです。

 

 

 

しかしながら、50歳を過ぎた今も、悪ガキンチョという印象を受けているのは私だけでしょうか(笑)。

 

 

 

 

 

続いては、ブログが初?についてです。

 

 

 

水道橋さんのブログの題名は、水道橋博士の「博士の悪童日記」といいいます。

 

 

 

何が初なのかというと、ブログは1997年から毎日更新しているのだそうで、

 

 

 

日本で初めて「芸能人ブログ」と認定されたのが水道橋さんのブログだそうです。

 

 

 

1997年頃は、まだブログって浸透していなかったんですね。

 

 

 

この年の流行語は「失楽園」、他に流行ったものが「たまごっち」、「もののけ姫」、「パパラッチ」、初代の「モーニング娘。」の誕生などなど。

 

 

 

時代の背景を感じつつ、水道橋さんのブログをさかのぼって読んでみるのもいいかもしれませんね。

 

今回はここまでです。

これからも、水道橋博士さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

Ads by google


Leave a Reply