Archive for the ‘女優’ Category

市原悦子の旦那と子供は?現在病気で休養?創価なの?若い頃画像!

火曜日, 1月 17th, 2017

 

女優、声優として活躍中の市原悦子さん。

 

 

イチハラエツコ

 

 

 

市原悦子さんと言えば、「家政婦は見た!」のシリーズの印象が強いでしょうか?

 

 

 

1

 

 

 

シリーズは、なんと26作品。

 

 

 視聴率は、最高30%越え、全シリーズの平均視聴率を計算してみますと、21.8%と高視聴率の人気シリーズです。

 

 

1997年には、全12話の連続ドラマが、2013年には米倉涼子さん版で放送されました。

 

 

 

2

 

 

 

柱の陰から、衝撃的な事実をしってしまう…という設定は変わりない定番ですね。

 

 

 

子供の頃はよく真似をしたものです。

 

 

 

子供の頃というと、もう一つ、市原悦子さんの欠かせない話として、「まんが日本昔ばなし」があります。

 

 

 

1

 

 

 

1975年から放送開始され、1994年の3月まで、全国ネットでゴールデンタイムで放送され続けました。

 

 

 

語り手と登場人物のすべてを市原悦子さんと、常田富士男さんのたった二人が務めました。

 

 

 

1

 

 

 

さて、「にほん昔ばなし」って、いったい全部で何話あるのでしょうか?

 

 

 

ネットで調べてみますと、1994年の3月まで、放送回数は927回。

 

 

 

一回の放送で、2話ずつ放送なので、単純に2倍すると1854話となります。

 

 

 

しかし、話の再放送する回などもあるため、全部で1467話と言われています。

 

 

 

特番なども合わせると、1474話にもなるようです。

 

 

 

(数え切れず、多少誤差がありましたら、ゴメンナサイ。)

 

 

 

1400を超える作品をたった二人で担当するとは、素晴らしい話ですね。

 

 

 

日本人として、子供たちに語り継ぎたい番組のひとつです。

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

 市原悦子 旦那子供は?についてです。

 

 

 

市原さんは、1961年に結婚。

 

 

結婚した旦那様は、脚本・演出家として活躍の塩見哲(しおみ さとし)さんです。

 

 

 

1

 

 

 

残念ながら、旦那様は、2014年4月に80歳という年齢で肺炎のため亡くなられました。

 

 

 

子供は授からなかったようですが、おしどり夫婦と言われていました。

 

 

 

 塩見哲さんとの出会いは、俳優座養成所だったそうです。

 

 

 

同期の好しみから、親しくなったようです。

 

 

 

おしどり夫婦と言われただけに、さびしいことでしょうね。

 

 

 

 

続いては、現在 病気休養?についてです。

 

 

 

市原さんは、2017年には、年齢が81歳となるそうです。

 

 

 

近年まで、年齢を感じさせない変わらずの若々しさを感じる演技を続けてこられたのですが、現在病気休養されているという話です。

 

 

 

一体何の病気なのでしょうか?

 

 

 

自身の病気を発表されたのは、2017年1月13日のことでした。

 

 

 

「自己免疫性脊髄炎」と診断され入院治療が必要ということで、2017年5月頃までを目標に休養するということです。

 

 

 

早期の復帰を信じ、温かく見守りたいですね。

 

 

 

 

 

続いては、創価なの?についてです。

 

 

 

市原さんが創価学会に所属しているのか?という話があります。

 

 

 

なぜ、市原さんの名前とともに「創価」というキーワードで検索する方が多いのか調べたところ…

 

 

 

ネパールで起こった大地震へのチャリティーイベント、『リーディング紙芝居」 雨にも負けず、風にも負けず ~心に残る名作三物語~』が、2015年6月に行われます。

 

 

 

語り手として、市原さんを始め、小林幸子さん、観月ありささん、赤江珠緒さん、ミッキ―吉野さんなどなど、俳優、歌手、そしてタレントの方々が参加しています。

 

 

 

その中に、久本雅美さんも参加されています。

 

 

 

1

 

 

 

久本雅美さんというと、公明党を支持している支持団体、創価学会の熱心な信者といわれています。

 

 

 

公明党の選挙演説に登場するなどで、久本さん=創価という強いつながりを感じるイメージを持たれています。

 

 

 

今回の催しに久本さんが参加していることで、主催は創価学会?参加者は信者?という疑問を持った方が多く検索されたようです。

 

 

 

市原さんや今回のイベントには創価学会は関連がないようです。

 

 

 

宗教に詳しいわけではありませんが、創価学会はカルト集団のように、世間に迷惑となるような行動をしているわけでもないので、信者でもそうでなくても、それほど問題のある話ではないと思います。

 

 

 

宗教どうあれ、これほど人を楽しませ続けている市原さんは、素晴らしい人物ですね。

 

 

 

多くのファンが楽しみにしている舞台が「朗読とお話の世界」ですね。

 

 

 

1

 

 

 

「朗読とお話の世界」は、毎年全国各地で行われていますが、チケットが抽選受付となるほどの人気の舞台となっています。

 

 

 

ネットでも、観覧された方の高評価のコメントが見られます。

 

 

 

幼いころから聞いている、優しい声に多くの方が癒されていることでしょうね。

 

 

 

 

 

続いては、若い頃の画像!についてです。

 

 

 

 1957年に「俳優座」に入団。

 

 

 

2015年には、入団から58年(1971年退団)となるのですね。

 

 

 

入団した年には、「新劇新人推賞」を受賞するという、当初から実力が注目された人物でもあります。

 

 

 

若い頃は、スポーツ万能な少女だったそうです。

 

 

 

では、ご覧ください。

 

 

 

市原悦子さんの若い頃の画像!

 

 

 

3

 

 

 

何か運動でもして、汗をかいた後でしょうか?

 

 

 

ふっくらとして、かわいらしいですね。

 

今回はここまでです。

これからも、市原悦子さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!